【女性におすすめ】スポーツジム・フィットネスのダイエットプログラムやレッスンメニューを紹介!

更新日:

【女性におすすめ】スポーツジム・フィットネスのダイエットプログラムやレッスンメニューを紹介!
人の体質に個人差があるように、効果のあるダイエット方法も個人差があります。

スポーツジムやフィットネスクラブには、さまざまなダイエットプログラムやレッスンがあります。それら施設に入会して、さまざまなダイエット方法を試してみませんか。

ここではスポーツジム・フィットネスクラブでダイエットをするメリットなどを紹介していきます。

スポーツジム・フィットネスでダイエットをすることのメリット

女性もジムで筋トレするのがおすすめ

運動未経験の人には敷居が高いスポーツジムとフィットネスクラブですが、入会後はスタッフが気にかけてくれるので、思ったより楽に通えますよ。

スポーツジムとフィットネスクラブで運動するメリットは次のようなものがあります。

  • トレーニングで健康寿命がのびる
  • 仲間が増えてモチベーションが維持できる
  • 一般以上のダイエット知識が増える
  • ダイエット成功後の運動の習慣が続いてリバウンドしにくい

トレーニングで健康寿命がのびる

70代以降でも軽い筋トレを習慣づけると、筋肉量が増えて足腰が丈夫になります。普段の生活でも動きが楽になり、自然に筋肉が鍛えられます。

肥満と病気で医師から運動をすすめられた場合は、スポーツジムとフィットネスクラブで医師からの説明も伝えると、スタッフが気にかけてくれるので、おすすめのレッスンやプログラムを選んでくれます。

仲間が増えてモチベーションが維持できる

筋トレメインのスポーツジムだと、筋トレへのモチベーションが高すぎて、敷居も高いイメージですが、フィットネスクラブだと健康増進のイメージが強いので、楽な気持ちで通えます。

ダイエット目的の会員も多くて、レッスン参加がメインの人が多いので、特定のレッスンに参加していると、自然と顔見知りになります。

軽く会話程度から、施設外でスポーツイベントや飲み会に一緒に参加する仲にもなれます。

ダイエットでみるみる痩せていくと、ベテラン常連さんが褒めてくれるので、単純にうれしくなります。

一般以上のダイエット知識が増える

スポーツジムやフィットネスクラブでは、パーソナルトレーニングだけでなく、独自の有料ダイエットプログラムを提供しています。

ただ運動するのではなく、日々の食事にもアドバイスしてくれます。

食事の内容やタイミングは、生活スタイルによって違うので、その人に合わせたアドバイスになります。

レギュラーのレッスンよりダイエットの情報量は多く提供されるので、パーソナルトレーニングと有料ダイエットプログラムは、成功率も高く早めに効果があらわれます。

運動の習慣が続いてリバウンドしにくい

ダイエット成功後にリバウンドする確率は8割ですが、運動の習慣が続いていると、リバウンドする確率はかなり低下します。ということは、ダイエット成功後も気を抜くことなく、軽く運動を続けることが大事です。

ダイエット成功後は、好きなレッスンプログラムに参加し続けたり、新しいスポーツに挑戦すると、モチベーションが維持できてスタイルをキープしやすいです。

モチベーションが維持できても、スポーツジムとフィットネスクラブを退会するタイミングは、転勤や引越しが大きな理由となります。

新しい環境でも、通える施設を探して、運動の習慣を続けましょう。

スポーツジム・フィットネスの選び方の注意点

チェックリスト

スポーツジムに入会する際は、以下のことを意識すると通う習慣が身について、ダイエットのトレーニングも続けられます。

  • スポーツジムは通いやすい場所にあるか
  • スポーツジム会費と交通費は無理なく払い続けられるか
  • スタッフと会員、設備の雰囲気がよく通いやすいか
  • 設備は清潔感があるか

目標によって相性がよいスポーツジムは違う

入会費と月会費2か月無料、というキャンペーンをスポーツジムはよく行っています。

しかし、軽い気持ちでなんとなく入会する人も意外と多いので、入会して2か月過ぎたらキッチリ退会する人も多いです。

スポーツジムとフィットネスクラブは、1年のなかで6月がもっとも入会する人が多いです。

夏に向けてダイエットしたい希望者がたくさんいるのですが、6月からダイエット向けのトレーニングを始めて、7.8月までに痩せるのは難しい、と入会後に気づいて自然と退会していきます。

ブライダル向けや何かしらスポーツ大会出場の期限があり、それに向けてトレーニングする人は目標がはっきり定まっているので、ダイエットの成功率はかなり高いです。

スタッフの接客レベルと施設の清潔感も、とても重要です。

施設の経営事情で、同じ会社でも店舗によりスタッフの接客レベルはかなり差があります。スタッフの接客レベルが低いと、自然と施設の清潔感もよろしくない傾向にあります。

浴場やプール、更衣室でウイルス感染するケースも少なくないので、入会前に施設内はできるだけ見学して、スタッフのレベルと清潔感をチェックしましょう。

おすすめのプログラムやレッスンメニューを実体験をもとに紹介

トレーニング

体重を数kg減らすダイエットなら、マーシャルアーツ系や筋トレをとりいれたレッスンの参加がおすすめです。
フィットネスクラブでも人気の高いジャンルのレッスンなので、担当インストラクターのモチベーションも高く、参加すると楽しいですよ。

体重を十kg単位で減らしたいなら、有酸素運動やレッスンの参加だけだと年単位でゆるやかに痩せる計画になります。

できるだけ早く目標達成したいなら、筋トレをとりいれたパーソナルトレーニングや、有料のダイエットプログラムがおすすめです。

パーソナルトレーニングは必要!?

パーソナルトレーニングは会費とは別料金なので、もしダイエット目的で申し込むとそれなりの費用がかかります。

どうしても痩せたい、目標達成したい場合は、それなりの頻度で施設に通う必要があります。

パーソナルトレーニングのメリット

パーソナルトレーニングは、パーソナルトレーナーと会員の1対1でのセッションがほとんどです。

トレーニング中はつきっきりで、パーソナルトレーナー運動内容をチェックしてくれるので、会員は自分の運動に集中すればいいので、ある意味頭を使わないので楽ですよ。

運動の負荷や身体に対する危険度も常にトレーナーが見てくれるので、安心して運動に集中できます。

食事内容もチェックしてくれるので、トレーニング以外の時間もダイエットに集中できます。

運動しながら筋肉量を維持して、トレーナーも常に体型をチェックしてくれるので、不健康に痩せずにきれいな体型になれます。

パーソナルトレーニングは予約が基本なので、予約したら必ず施設に行って運動することになります。半強制的に運動してカロリー消費するので、自然に体重は減っていきます。

さまざまなアプローチをするので、一人でダイエットするよりは、早めにダイエットの目標達成ができます。

パーソナルトレーニングのデメリット

パーソナルトレーニングは有料で、1回1時間のセッションあたり6000円前後かかります。

安くても5000円で、それなりに知名度のある体型改善のトレーナーだと1万円超えるケースもあります。

さらにメディアによく出るような特定のスポーツの専門トレーナーだと、天井知らずの価格になります。

スポーツジムやパーソナルトレーニングで契約しているトレーナーだと、1回5000~1万円。個室の高級ジムだと、1万円からとイメージしてよいでしょう。

ダイエット目的でパーソナルトレーニングを申し込むと、週1.2回受ける流れになるので、ただ施設に通うだけよりはだいぶ費用がかかるのが短所です。

フィットネスクラブで契約しているトレーナーは、個室の高級ジムよりレベルが低い傾向にあります。

高級ジムとフィットネスクラブを兼任しているトレーナーもいますので、できるだけそういう人を選ぶようにしましょう。

トレーナーのレベルとは、目標を効率よく達成できるか、ですね。

レベルが高いトレーナーは、平均より早い期間で体に無理なく目標達成できて、契約が終了した後のメニューも考えてくれます。モチベーションも高めてくれて、セッション中の会話もクライアントの性格に合わせてくれます。

レベルの低いトレーナーは、高いトレーナーの逆をいっているイメージですね。

セッション中の会話が成立しないと目標達成は遅れてしまうので、もし会話がかみ合わないなら、早めにトレーナーを変えることをおすすめします。

それと、情報量が少ないトレーナーだとクライアントに体への負荷をかけすぎる危険もあるので、注意が必要です。

セッション中にクライアントがケガをした場合は補償がきくのですが、運動中のケガは完治しにくい可能性が高いです。

よって、トレーナーとはできるだけ初対面で相性が良いか否か、把握できるようにしましょう。

まとめ

ダイエットをいつまでに目標達成したいかにより、運動量や食事制限の内容が変わってきます。

パーソナルトレーニングは費用がかかるので、まずはレッスン参加やマシンの筋トレで体を慣らして、消費カロリーを稼ぐのも良いでしょう。

自分のペースで運動をすると、ストレスをためにくく、逆にモチベーションも維持できます。

コストをかけてもよく、早めに目標達成したいなら、パーソナルトレーニングをおすすめします。

関連おすすめ記事

おすすめ記事

筋トレサプリメント 1

日本人メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手や、プレスラーYAMATOさん、ボクシング亀田兄弟、レイザーラモンHGさんなど筋トレをしている有名人には、サプリメントを積極的に飲んでいる人も少なくありませ ...

【コスパ・人気重視】HMBサプリおすすめランキング!効果・品質や口コミを比較 2

男性向けHMBサプリおすすめランキング【コスパ・人気重視】 筋トレといえば「プロテイン」というイメージがありましたが、最近ではHMB配合のサプリメントが注目を浴びていて、プロスポーツ選手などのアスリー ...

パーソナルジム・プライベートジムおすすめ比較ランキング 3

全国展開しているライザップ、24/7ワークアウト、エススリー、リボーンマイセルフ(旧シェイプス)の4社に体験潜入し(地域別では他社も体験)、実際にトレーナーさんからお話を聞き、ジム内部の見学をしてきま ...

筋トレ初心者はダンベルとフラットベンチを買うべき 4

筋トレを始めたばかりの人にとって、いきなりジムに通い始めるのはハードルが高いですよね。だからといって、筋トレグッズが全くない人が自宅でできるトレーニングは限られています。 ここでは自宅筋トレ歴4年の筆 ...

筋トレ初心者必見!レベルアップするために手に入れたい器具&グッズ10選 5

本サイトでは以前「筋トレ初心者必読!まず買うべき2つのグッズとおすすめの自宅筋トレメニュー10選」と題して、筋トレ初心者は1セットのダンベルとフラットベンチをまず買うべしと提案しました。 しかし残念な ...

ホームジムを作ろう!筋トレ器具・マシンの正しい選び方4つのポイント 6

筋トレをする人なら一度は夢見るホームジム。しかし自宅の環境にとびきり恵まれていない限り、「万人にとっての完全無欠のホームジム」を手に入れることはできません。 だからこそ会員制ジムやパーソナルジムが存在 ...

ホームジム 7

「ホームジムを作ろうと思って基本のフラットベンチとダンベルを買ったけれど、イマイチ筋トレが充実しない」そんな初心者ホームトレーニーは多いのではないでしょうか。 ここではホームトレーニング歴4年の筆者が ...

-女性のダイエット・筋トレ

Copyright© 筋活ガイド【筋トレ・ダイエット】 , 2018 All Rights Reserved.