筋トレ×音楽×モチベーションの科学!絶対にアガる筋トレBGMの選び方とおすすめ全20曲

更新日:

ヘッドフォン
筋トレはずっしりと重いウェイトと、そのウェイトに負けそうになる自分との厳しい戦いです。この戦いに勝つには自分を鼓舞してテンションを上げ、「強い自分」「勝つ自分」になる必要があります。

この「強い自分」「勝つ自分」を作り上げるサポートをしてくれるのが、筋トレ中に聴く音楽です。

以下ではなぜ音楽が「強い自分」「勝つ自分」を作るのかを科学的な視点から解説したうえで、絶対に気分がアガるおすすめ曲を全部で20曲紹介します。

音楽と筋トレが切っても切れない理由とは?

論文
トレーニー(筋トレをする人)の中には音楽を聴きながら筋トレをする人がたくさんいます。この理由を端的に言えば「テンションが上がるから」「モチベーションが上がるから」となりますが、実はこれには科学的な裏付けが行われています。

運動と音楽の関係性の研究は、100年以上前から行われてきました。1911年にはアメリカ人研究者Leonard Ayres氏が、無音状態で自転車を漕ぐよりも音楽を聴きながら自転車を漕いだ方がペダルの回転速度が上がるという報告をしています。この研究はいまなお続いており、2012年の英シェフィールドハラム大学の報告によれば、音楽を聴きながら自転車を漕いだ方が無音状態の場合よりも酸素消費量が7%も減少していたことがわかっています。

また1998年に『運動療法と物理療法』に収録されている藤縄理氏らの論文「ディスコ音楽が自転車エルゴメータ駆動中の主観的運動強度に及ぼす影響」によれば、音楽を聴きながらのペダリング運動は無音状態のペダリング運動よりも主観的運動強度を低下させることもわかっています。

藤縄氏らの研究は10分間の運動についての研究でしたが、2011年の早稲田スポーツ科学学術院の卒業論文により、同じ効果が30分間の自転車ペダリング運動にも認められることが証明されています。

今紹介した研究は全て自転車ペダリング運動(ジムで言えばエアロバイク)についてのものでしたが、酸素消費量の低下や主観的運動強度の低下は筋トレに当てはめても大きな効果が見込めます。音楽は科学的に言っても筋トレの効果をアップさせてくれる、耳から摂取するサプリメントなのです。

どんな音楽が筋トレの質を上げるのか?

ipod
ではどんな音楽が筋トレの質を上げてくれるのでしょうか。これについては1分間あたりの拍数(bpm)がポイントになります。

英ブルネル大学のCostas Karageorghis博士は最も心理的効果の高い、つまりテンションやモチベーションを上げて運動能力を上げる効果の高い音楽のbpmは120〜140bpmであるとしています。20pbmの幅があるのは、運動の種類や目的によって人と場面に合う音楽のbpmが変動するからです。

Karageorghis博士はアメリカの雑誌『TIME』のインタビューで、自分が運動中に到達したい心拍数(この単位もbpm)に合わせた音楽を見つけるようアドバイスしています。

こちらは各音楽ジャンルのbpmの目安となる数字です。しかしこれはあくまで目安。アーティストや曲によって例外はあります。音楽の効果を最大限に引き出すにはこの数字を目安にしながら、「自分のパフォーマンスがアップする音楽」を試行錯誤しながら見つけていくしかないでしょう。

ちなみに音楽のbpmはスマートフォンアプリ「BPM」や、無料パソコンソフト「WaveTone」などを使って調べることもできます。「自分のパフォーマンスがアップする音楽」を見つける際のツールとしてこれらを使うのもアリです。

おすすめ!Jaybird RUN 完全ワイヤレスイヤホン

Jaybird RUN 完全ワイヤレスイヤホン
実際に筋トレの際に使用するイヤホンは、トレーニングの邪魔にならないワイヤレスイヤホンがおすすめです!

ワイヤレスイヤホンには、左右がつながったものと、左右が独立した完全ワイヤレスイヤホンがありますが、完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです!

以前は、SoundPEATS Q12という左右がつながっているワイヤレスイヤホンを使用していましたが、ベンチプレスなど寝ながら行う種目だとケーブルが気になっていました。

そこで、完全ワイヤレスのJaybird RUNに変えたところ全く気にならなくなり、トレーニングに集中できるようになりました。
ワイヤレスイヤホン比較

Jaybird RUNはランナーの為に開発されたワイヤレスイヤホンですが、筋トレをするトレーニーにもおすすめです!

ランナーの為に開発されているので、軽さと耳へのフィット感が抜群で、装着しているのを忘れるくらいトレーニングに集中できます。汗に含まれる酸からも保護してくれる防汗&耐水仕様なので、汗を気にする必要もありません。

セットで複数のサイズのイヤーチップがはいっているので、どんな人の耳にもあわせることができます。
パッケージ内容

こちらがJaybird RUNのパッケージ一式です。説明書は4ページ程ですが、読まなくても簡単に使えるシンプル設計です。
Jaybird RUN一式

持ち運び用の保管ケース自体がバッテリーになっていて、充電ケースに8時間分のバッテリーを入れておけます。イヤホン本体は4時間再生可能なので、合計で12時間分のバッテリーです。5分の充電で1時間再生可能です。バッテリーケース

ケースとイヤホンに充電する際は、USBケーブルを使用するので簡単です。
バッテリーケース充電

音質設定などはJaybirdアプリで簡単に行えます。JaybirdアプリはiPhoneとAndroidの両方で使えます。
アプリ

Jaybird RUNは、国内最高権威のオーディオ・ビジュアル・アワード「VGP 2018」受賞モデルでもあります。使い勝手や性能・音質など総合的にレベルが高く、おすすめのワイヤレスイヤホンです。

筋トレに「効く」音楽を見つけよう!

以下ではここまで内容を踏まえたうえで、洋楽・邦楽・EDMを含む17曲を紹介します。

この17曲から各アーティストを掘り下げて、自分だけの筋トレプレイリストを作り上げてください。

Costas Karageorghis博士が選んだ5曲

まずは英ブルネル大学のKarageorghis博士が選んだ5曲を紹介します。博士お墨付きの5曲は誰もが聴いたことのある「間違いない5曲」が出揃っています。

「Eye Of The Tiger」 by survivor

1曲目は「Eye Of The Tiger」(109bpm)。アメリカのロックバンド「サバイバー」が1982年にリリースした往年の名曲です。

当時全英全豪ともに売り上げ1位を記録した作品で、映画『ロッキー3』の主題歌として有名です。伝説のプロレスラー、ハルク・ホーガンの入場曲としても知られます。

「Don’t Stop Me Now」 by Queen

2曲目は「Don’t Stop Me Now」(154bpm)。イギリスのロックバンド「Queen」が1978年にリリースした名曲です。

多くのアーティストがカバーを作っており、日本では2007年に東京スカパラダイスオーケストラがスカ風にアレンジして話題になりました。フレディ・マーキュリーのパワフルな歌声と154bpmというハイテンポな曲調がテンションを上げてくれます。

「Beat It」 by Michael Jackson

3曲目は「Beat It」(139bpm)。故マイケル・ジャクソンが遺した数々の名曲のうちの1曲です。

確実にテンションを上げてくれるギターサウンドと目の覚めるようなマイケルのボーカル、さらに「Beat It!(やっちまえ!)」と繰り返される歌詞が、ダンベルやバーベルと戦う前のトレーニーを鼓舞してくれます。

「I Like To Move It」 by Reel 2 Real

4曲目は「I Like To Move It」(123bpm)。アメリカのエレクトリックレゲエデュオ「Reel 2 Real」の楽曲で、世界的に愛されている名曲です。

基本的にレゲエやヒップホップはbpmの低いものが多いですが、同曲はクラブミュージックの要素が強いため、比較的高めのbpmとなっています。

こうした「男前感」の強い楽曲は、「強い自分」「勝つ自分」を作り上げるためにもぴったりです。

「Push It」 by Salt-N-Pepa

5曲目は「Push It」(130bpm)。アメリカの女性ヒップホップグループ「Salt-N-Pepa」の代表作です。動画にもあるようにダンサブルな曲調に、誰もが聴いているだけで体が揺れてくるはず。ちなみにHIPHOPには比較的曲が単調なので、トレーニングに集中しやすいというメリットもあります。その意味でHIPHOPは、ロックやポップスだとメロディがコロコロ変わって集中できないという人におすすめのジャンルといえます。

Kanekin Fitnessおすすめのアーティスト7選

続いては筋トレ系YouTuberのパイオニアであり、トップフィジーク選手でもあるKanekin Fitness(以下Kanekin)さんが筋トレ中に聴く音楽としておすすめしているアーティストを紹介します。

実はKanekinさんは、筋トレ系YouTuberとして活躍する前、プロのギタリストとして活動していたほどの音楽通。その彼がおすすめするアーティストなので、きっと音楽好きな人でもハマるはずです。

Bullet For My Valentine

こちらはイギリスのへヴィメタルバンド「Bullet For My Valentine」。1998年に結成され、アイアン・メイデン、メタリカ、パンテラなどの代表的なへヴィメタルバンドからの影響を色濃く受けた楽曲を数多くリリースしています。

ノリやすいギターとテンションを一瞬で頂点に沸騰させてくれるスクリームが、筋トレ時のパワーをみなぎらせてくれること間違いなしです。KanekinさんがおすすめするBullet For My Valentineのアルバムはデビューアルバムの「The Poison」。

Pierce The Veil

2番目に紹介するのはアメリカのハードコアバンド「Pierce The Veil」。

紆余曲折を経て2006年に「Pierce The Veil 」としての活動をスタートさせたこのバンドは、Bullet For My Valentineに比べるとかなりキャッチーで「あんまりゴリゴリのへヴィメタルは……」という人でも楽しめる楽曲を作っています。

Avenged Sevenfold

3番目に紹介するのはアメリカのへヴィメタルバンド「Avenged Sevenfold」。

1999年に結成されたこのバンドは、1stアルバム『トランペット』ではメタルコア、3rdアルバムでは「ハードロック/へヴィメタル」とサウンドの進化を追求し続けています。

筋トレBGMとして聴くだけなら1stがベスト盤となりますが、聴き込んでいけば筋トレBGM以外としてでもがっつり聴き込めるバンドです。

infected mushroom

4番目に紹介するのはイスラエル出身の音楽ユニット「infected mushroom」です。

トランスを中心としてロックやポップスなど様々なジャンルを絶妙に混ぜ合わせて独自の音楽を追求しています。

2ndアルバム『Classical Mushroom』で「サイケデリックトランス」というジャンルを確立し、今なお同ジャンルでは唯一無二の人気を誇っています。

SKRILLEX

5番目に紹介するのはアメリカのエレクトロニカミュージシャン「SKRILLEX」。

Kanekinさんはこのアーティストの特徴として、シンセサイザーの音をフル活用したアグレッシブな音作りにあるとしています。

そのためSKRILLEXの楽曲には、筋トレ前の戦闘態勢を作るにはもってこいの楽曲が目白押しです。

Martin Garrix

6番目に紹介するのはヨーロッパを中心に活動しているオランダ出身DJ「Martin Garrix」です。

上の動画の楽曲「Animals」は彼の代表曲で、イギリスとベルギーでは音楽チャート最高ランク1位、アイルランドでは最高ランク3位にランクインし、そのほか10カ国以上の音楽チャートでベスト10入りを果たしています。

KANDO BAND

7番目に紹介するのは「KANDO BAND」。Kanekinさんがギタリストとして参加していたバンドです。

メジャーバンドではありませんが、ポップロックにエレクトロニカを混ぜ込み、そこにメタルやハードコアなど様々な味付けを施した玄人向けのサウンドを作っています。Kanekinさんの動画を見ている人の中には、このバンドの楽曲を筋トレBGMにしている人も多いようです。

Kando Bando無料音楽配信所」では彼らの楽曲をフルで聴くことができます。

MADE IN JAPANも負けてない!筋トレにおすすめの邦楽8選

最後に日本産のロックやメタル、ポップスからテンションがぶち上がる曲を8曲紹介していきます。7曲全てが違うアーティストなので、気に入った曲があればそこからアーティストを掘り下げるのもアリです。

「完全感覚Dreamer」 by ONE OK ROCK

1曲目に紹介するのはONE OK ROCKの超人気曲「完全感覚Dreamer」です。

ONE OK ROCK初のオリコン週刊チャートトップ10入りを果たした曲で、キャッチーなロックとボーカルTakaの圧倒的な歌唱力がトレーニーのテンションを上げてくれること間違いなし。

筆者は最近この曲をスクワットのテーマ曲にしています。

「FANTASISTA」 by Dragon Ash

2曲目に紹介するのはDragon Ashのミクスチャーロックの真骨頂とも言える作品「FANTASISTA」です。

選手や観客のテンションを上げるために作られた「2002FIFAワールドカップ」のテーマソングだけあって、筋トレ中に聴けばテンションは一瞬にしてマックスになります。

Road of Resistance br BABYMETAL

3曲目に紹介するのは、超絶技巧バンドと可愛い3人の少女で構成される異色のメタルバンド「BABYMETAL」の「Road of Resistance」です。

彼女たちは日本ではそれほど知名度が高いバンドではありませんが、独特の世界観と圧倒的な演奏力で世界中のメタル好きを熱狂の渦に巻き込んでいます。

楽曲自体は正統派のメタルを貫いているので、メタル好きなら間違いなくハマるはずです。

「紅蓮の弓矢」 br Linked Horizon

4曲目に紹介するのは、音楽ユニット「Linked Horizon」の「紅蓮の弓矢」です。

アニメ『進撃の巨人』の第1期の主題歌で、この動画では同アニメの歴代主題歌を含む11曲を習得したアルバム『進撃の軌跡』のダイジェストを聴くことができます。

「え、アニメの曲を筋トレ中に聴くの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし『進撃の巨人』のようなバトルアニメやスポ根系アニメのオープニングは本編に向けて視聴者のテンションを上げるべく、これでもかというくらい聴き手の気分を盛り上げてきます。そのため実は筋トレBGMの宝庫でもあるのです。

「Rage on」 by OLDCODEX

5曲目に紹介するのはアニメ『Free!』の主題歌「Rage on」。

作曲は自身も人気声優として活動している鈴木達央さんが担当。本業が声優とは思えないほどの歌唱力で歌い上げています。アニメ『Free!』は高校の水泳部を舞台とするスポ根アニメ。

そのためこの「Rage on」も男たちがバチバチと火花を散らすようなロックテイスト抜群の曲に仕上がっています。

「database」 by MAN WITH A MISSION

6曲目に紹介するのはNHKEテレアニメ『ログ・ホライズン』の主題歌「database feat. TAKUMA(10-FEET)」です。アーティストは狼の仮面をかぶった謎のロックバンド「MAN WITH A MISSION」です。

ミクスチャーロック、メロディックハードコア、ニューメタルなど様々な引き出しを持つ彼らに手を貸したのは、結成20周年を迎えたロックバンド「10-FEET」のボーカル・ギター担当TAKUMAさん。

曲全体を通してハイテンションな構成になっており、アニメを知らずともテンションが沸騰するはずです。

「Let Me Hear」 by Fear, and Loathing in Las Vegas

7曲目に紹介するのはアニメ『寄生獣 セイの格率』の主題歌「Let Me Hear」です。

アーティストはポストハードコアバンド「Fear, and Loathing in Las Vegas」。ポストハードコアにデスメタルやデスコア、オートチューンボーカル、シンセサイザーを加え、独特のサウンドを作り出しています。

エクレクトロニックな音も多いので、EDM好きな人にもぜひ一度聴いてほしい曲であり、バンドです。

「Zombie Eye」 by EACH OF THE DAYS

8曲目に紹介するのは和製メタルバンドの正統派「EACH OF THE DAYS」の「Zombie Eye」です。

彼らはデビュー当時から話題を集め、新人にもかかわらず映画『SAW6』のサウンドトラックに参加したほか、2011年にリリースした1stアルバム『Sweet Carrion』は、日本のみならずアメリカと韓国でも発売されました。

2017年に結成10周年を迎え、今後の活動も期待されています。

まとめ:自分だけの最強プレイリストを作れ!

有名なトレーニーがある曲を聴いてパフォーマンスが上がったとしても、その曲が全てのトレーニーのパフォーマンスが上がるとは限りません。

確かに、運動に効果を及ぼす音楽にはここで解説したような目安はあります。しかしそれはあくまでも目安で、絶対的な基準ではありません。効果のある筋トレ種目や筋トレ法、サプリメントに個人差があるように、パフォーマンスアップの音楽にも個人差があるのです。

試行錯誤を繰り返し、自分だけの最強プレイリストを作っていきましょう。

関連おすすめ記事

  • この記事を書いた人
直人鈴木

鈴木 直人

筋トレ歴4年のホームトレーニー。本業はライター。新しいサプリを試すときは、まずスポーツ栄養学の専門書から入るタイプです。実際に試したトレーニングや器具の効果、食事からサプリやプロテインについて、科学的根拠をもとに初心者にも分かりやすく解説します。

おすすめ記事

筋トレサプリメント 1

日本人メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手や、プレスラーYAMATOさん、ボクシング亀田兄弟、レイザーラモンHGさんなど筋トレをしている有名人には、サプリメントを積極的に飲んでいる人も少なくありませ ...

【コスパ・人気重視】HMBサプリおすすめランキング!効果・品質や口コミを比較 2

男性向けHMBサプリおすすめランキング【コスパ・人気重視】 筋トレといえば「プロテイン」というイメージがありましたが、最近ではHMB配合のサプリメントが注目を浴びていて、プロスポーツ選手などのアスリー ...

パーソナルジム・プライベートジムおすすめ比較ランキング 3

全国展開しているライザップ、24/7ワークアウト、エススリー、リボーンマイセルフ(旧シェイプス)の4社に体験潜入し(地域別では他社も体験)、実際にトレーナーさんからお話を聞き、ジム内部の見学をしてきま ...

筋トレ初心者はダンベルとフラットベンチを買うべき 4

筋トレを始めたばかりの人にとって、いきなりジムに通い始めるのはハードルが高いですよね。だからといって、筋トレグッズが全くない人が自宅でできるトレーニングは限られています。 ここでは自宅筋トレ歴4年の筆 ...

筋トレ初心者必見!レベルアップするために手に入れたい器具&グッズ10選 5

本サイトでは以前「筋トレ初心者必読!まず買うべき2つのグッズとおすすめの自宅筋トレメニュー10選」と題して、筋トレ初心者は1セットのダンベルとフラットベンチをまず買うべしと提案しました。 しかし残念な ...

ホームジムを作ろう!筋トレ器具・マシンの正しい選び方4つのポイント 6

筋トレをする人なら一度は夢見るホームジム。しかし自宅の環境にとびきり恵まれていない限り、「万人にとっての完全無欠のホームジム」を手に入れることはできません。 だからこそ会員制ジムやパーソナルジムが存在 ...

ホームジム 7

「ホームジムを作ろうと思って基本のフラットベンチとダンベルを買ったけれど、イマイチ筋トレが充実しない」そんな初心者ホームトレーニーは多いのではないでしょうか。 ここではホームトレーニング歴4年の筆者が ...

-筋トレ・ダイエットの知識

Copyright© 筋活ガイド , 2018 All Rights Reserved.