リボーンマイセルフ(旧シェイプス)ジムの料金と体験談!口コミ評判ブログが少ないので実際に行ってみた!リバウンドで痩せない?痩せる!?

更新日:

シェイプス リボーンマイセルフ
リボーンマイセルフ(旧シェイプス)は、女性専用のパーソナルジムです。内容的には、ライザップと似たサービスをもっとお安い価格で提供しています。

今回は、サービスの内訳を確かめるべく、「リボーンマイセルフ新宿東口店 ~Reborn Myself~(旧Shapes」(東京都新宿区新宿3-11-9 花菱ビル7F)の無料カウンセリングに行ってきました。

公式サイトには書いていない、トレーナーさんに教えてもらったお得情報や実際に訪問して分かった、リボーンマイセルフの内部の雰囲気をご紹介しています。

リボーンマイセルフ(旧シェイプス)に興味をお持ちの方、ライザップのようなマンツーマン指導ジムをお探しの女性の、お役に立てば幸いです。

リボーンマイセルフ(旧シェイプス)ダイエットとは!?料金や割引についても紹介

リボーンマイセルフの料金

料金表
お値段は、↑の画像の通り。

おすすめ&人気コースは「ダイエットコース フルタイム」入会金込み・260,000円220,000円・税抜き)。※価格改定で値下げされました。分割払いだと月々11,000~

だいたい、どのコースも25万円~35万円くらいの価格帯で、ライザップと比較すると随分お安くなっていますね。2ヶ月コースだとライザップよりも約9万円くらい安いです。

メンテナンスコースほか、各プランの特長

メンテナンスコースほか、各プランの特長
各コースの内容は、↑の通りです。私が、トレーナーさんに聞いたところ、簡単に言えば、それぞれのコースには以下のような特長があるそうです。

コース名 内容
ダイエットコース
(フルタイム/デイタイム)
マンツーマン筋トレ&食事指導。
16回・60日間。
ブライダルコース
(30、60、90日間)
内容はダイエットコースと同じ。
期間が選択可能。
お腹痩せ/脚痩せ/小尻コース 減量より各部位のサイズ減やかたち作りに特化したコース。
食事指導は緩やか。
産後ダイエットコース 授乳中の方が多いので、食事制限が厳しくない。
産後、開いた骨盤を締めて体をケア。
各メンテナンスコース 上記各コース終了者向け。
ボディラインをキープするためのメンテナンスを指導。

体重を減らしたい場合は、ダイエットコース、気になるパーツを引き締めたい場合は、お腹痩せ、脚痩せ、小尻コースがおすすめとのこと。

ブライダルコースは、ダイエットコースと内容的には同じですが、期間が選択可能です。トレーナーさんは、「30日間コースよりは、60日間コースの方が成果を感じていただきやすいので、おすすめですね」とのこと。

自分のなりたい体型&状況に合うコースが用意されているところが、リボーンマイセルフと他社のマンツーマンジムとの違いです。

低価格帯コース リボーンマイセルフ

低価格帯コース
店舗によっては、低価格帯のコース「Reborn Myself」が用意されています。

通常のダイエットコースとの違いは以下の通り。

Reborn Myself
30日間、計8回・食事指導あり
ダイエットコース(フルタイム)
60日間、計16回・食事指導あり
料金(税抜き) 96,000円
(+入会金20,000円=116,000円)
240,000円
(+入会金20,000円=260,000円)
1回あたりの料金
(入会金・消費税抜き)
12,000円 15,000円
ウェアのレンタル ×
お食事ノート ×
トレーナー フリー 固定

Reborn Myselfは、ダイエットコースの廉価版といった位置付けのサービスです。

リボーンマイセルフには、トレーニングウェアの無料レンタルがなかったり、「お食事ノート」(手書きで食事報告を記入するノート)がなく、メールでの食事報告になったり、トレーナーさんが固定ではなく、トレーニングごとに時間の空きのあるトレーナーさんが担当してくれたりといった違いはあるものの、数万円はお安い価格で利用できます。

最安値のコースだと、食事なしの月4回、44,000円(入会金込み64,000円)で利用できるので、本格的なコースに入会する前に、お試しとして申し込んでみるのもおすすめです。

リボーンマイセルフのモニター割引料金

さらに、低価格でリボーンマイセルフを利用したい方に朗報です。

「お腹痩せコース」「脚痩せコース」「小尻コース」の部分痩せコースには、通常料金より3割安いモニター価格が用意されています(ダイエットコースでは、モニターを実施していないので、ご注意ください)。

モニター料金
以下の項目に1つでもあてはまる方は、モニターに参加できません。

  • 体格指数BMIが20.9%以上ある方。
  • 医師から高血圧、糖尿病、甲状腺異常の疾患と診断され、通院中の方(完治した方は受講可。医師からの診断書提示が必要な場合もあり)。
  • 医師から運動を禁止されている方。
  • 法定伝染病・ウイルス感染の皮膚病・精神病等の疾患のある方。
  • ホルモン治療に関わる薬品投与中または、ダイエット医薬品(食欲抑制剤や肥満治療薬など)を医者から処方されている方(ステロイド等の塗り薬使用者は、受講可)。
  • 過去、ピル等のホルモン剤の服用経験者。
  • 妊娠中の方。

さらに、以下の事柄に承諾できる方のみとなります。

  • 本名や体のサイズ等を公表可能。
  • 顔や体の画像を広告に掲載できる方。

モニターになると、会費が3割引になり大変お得です。条件が合う方は、モニター価格で受講することをおすすめします。

託児所サービスもあり

託児所サービス
リボーンマイセルフの一部店舗では託児所サービスも実施されています。子育て中の方でも、安心してトレーニングできますね。

なお、託児所サービスを行っている店舗は以下の通り。

  • 六本木本店
  • 自由が丘店
  • 千葉駅前店
  • 芦屋店
  • 京都三条店

料金は1回500円(店舗により異なります)。予約が必要です。初回無料カウンセリングのときは、費用負担なしで利用できます。

このサービスと類似したものとして、エススリーでは、託児所代を1回につき最大1,000円支払ってくれます。が、託児所を利用する場合、トレーニング時間プラスαの時間、預けなければいけないので1,000円では収まりません。結局、自己負担も覚悟しなければいけないと思います。

その点、リボーンマイセルフの場合は、1回500円という低料金なので、お子さんがいらっしゃる方には、おすすめです。

ダイエットでの食事内容

食事内容

リボーンマイセルフの食事指導の方針は血糖値の上昇がゆるやかな「GI値」の低い食べ物をとること。トレーナーさんの話によると、「低GI値ダイエット」と呼ばれている食事法を行うようです。

例えば、以下のようなものが、低GI値の食品です。

  • 繊維質の多い野菜、こんにゃく、海草、きのこ類
  • フルーツ類(ただし、スイカやメロンは糖分が多いのでNG)
  • 炭水化物(玄米、ライ麦パン、そばなど。白米NG)
  • たんぱく質(魚類、貝類、肉類)

ライザップが行っている糖質制限とは異なり、炭水化物も食べられるという点が、リボーンマイセルフの食事方法の特長です。さらに、リボーンマイセルフは、プロテイン、サプリメントを使わずに、食事だけで痩せやすい体を作る方法を教えてくれます。

ぶっちゃけ、自分一人で実行するとなると難易度の高い低GI値ダイエット。ですが、リボーンマイセルフでは食事ノートとメールでサポートしてもらえるので、習慣化しやすいと思います。

リボーンマイセルフを体験してみた

<h2>shapesを体験してみた</h2>
事前に公式サイトから無料体験申し込みを行います。
女性専用パーソナルダイエットジム!【リボーンマイセルフ公式サイト】

リボーンマイセルフ(旧シェイプス)新宿東口店は、新宿三丁目駅から徒歩3分。新宿駅からだと10分ほど歩けば着きます。

エステやネイルサロンが入居している雑居ビルの1室ですが、大きな看板などは出ていません。1階にはコーヒーショップのドトールが入っています。
shapesを体験してみた2
無料カウンセリングの内容は、以下の通りです。

  • カウンセリングシートに記入。
  • トレーナーさんから、リボーンマイセルフの食事法やトレーニング内容を説明してもらう。
  • 設備の紹介。

所要時間は、60分から90分ほど。こちらから積極的に質問すれば、いろいろと親切に説明してくれます。

ジム内部の様子

ジム内部の様子リボーンマイセルフ新宿東口店のジムコーナーは、この画像の部屋1室しかありません。これまで、私はライザップ、24/7ワークアウト、エススリーの各社を訪問してきましたが、リボーンマイセルフのトレーニングルームが一番広くて綺麗です。

更衣室更衣室はこちら。1人で利用するには充分すぎる広さです。体重計や体脂肪計、ドライヤーなどの備品も揃っており、かなり快適。ホテルのパウダールームっぽい雰囲気です。

シャワーシャワールームには、シャンプーなどが用意されています。

トレーニングウェアトレーニングウェアやシューズ、タオルの貸し出しもあります。仕事帰りやお出かけのついでに、気軽に立ち寄れるのはかなりうれしいですね。

トイレトイレも手入れが行き届いており、綺麗です。女性専用のマンツーマンジムとあって、生理用品なども完備。「気が利くなぁ~」と感動しました。

スリッパ余談ですが、リボーンマイセルフは、入口で靴を脱ぐシステム。出されたスリッパも女性向けの可愛らしいものでした。

ダイエットトレーニングの内容

トレーニング内容
トレーニングは、トレーナーさんがマンツーマンで指導してくれます。

ライザップほかの、個別対応ジムとの違いは、出産後の女性には骨盤を締めて、より美しいボディを作るトレーニングを教えてくれるところです。女性の体が最も美しく見えるラインを作るための運動方法を教えてくれます。

リボーンマイセルフは、ほかのパーソナルトレーニングジムとは異なり、女性の体作りに特化して指導している会社なので、女性の体型に関する困りごとには、基本的には何でも対応してくれるところが非常に心強く感じます。

リボーンマイセルフ新宿東口店の場合、トレーニングルームが1室しかないので、混雑する時間帯(平日の夜など)は、稀にほかの方と一緒になってしまう場合があるそうです。

もちろん、トレーナーさんはマンツーマンで指導してくれますが(一人の受講者に、一人のトレーナーが付く形態)、「何が何でも絶対に個室でマンツーマン指導してほしい」という方は、ご注意ください。

リバウンドが怖い!

トレーナーさんによると、「1ヶ月につき体重5%までの減量はリバウンドしにくい」とのこと。例えば、50kgの方は2.5kg未満の減量にとどめておけば、リバウンドはしづらいそうです。

リバウンドを防ぐには、なるべく時間をかけて体重を落とすこと。リボーンマイセルフで体作りをすれば、基本的にはリバウンドはしません。が、1ヶ月で5%以上体重を落とすと、元に戻りやすいので注意が必要です。

痩せない!?効果のほどは

トレーナーさんに、不躾ながら「本当に効果あるんですかね?」と聞いてみました。すると、トレーナーさん自身が、リボーンマイセルフに入社してから、リボーンマイセルフの食事法とトレーニングを実施。

「実際、かなり体が締まりましたし、自分でも効果を感じていますよ。うちの社員は、みんなリボーンマイセルフのやり方を実践しています」とおっしゃっていました。

リボーンマイセルフでは、トレーナーさんが実行してみて、本当に良かったと感じていることを教えてもらえるので非常に説得力があります。

完全に余談ですが、リボーンマイセルフのトレーナーさん(全員女性)は、かなり美女揃いです。

ほかのジムにいるような、マッチョ系女性トレーナーではなく、痩せすぎでも太りすぎでもないベストな体格のキュートなお嬢さんばかり(←お世辞ではなく)。「こんなかわいい感じになれるのなら、リボーンマイセルフに通ってみたいな~」とテンションが上がりますよ。

リボーンマイセルフには、お店ごとにブログがあり、それぞれトレーナーさんたちがお顔出ししていらっしゃるので、一度チェックしてみることをおすすめします。

体験して分かった、お得ポイント

ミネラルウォーター
リボーンマイセルフ新宿東口店の無料体験に参加したら、以下のものがもらえました。

  • ミネラルウォーター(150円)
  • Tポイント、100ポイント

ちょっとしたモノですが、プレゼントをいただきうれしくなりました。

キャンペーン
さらに、今入会するとDNA検査キットまたは、ミネラルウォーターがもらえます。

トレーナーさんは、「DNA検査キットが16,000円相当で、ミネラルウォーターが48本プレゼントで7,776円なんですよ。価格的に、DNA検査の方が高いので、DNA検査がおすすめです」とのこと。

どうせなら、プレゼントがもらえる時期に入会する方がお得ですよね。

※キャンペーン内容は時期によって変わります

リボーンマイセルフVSライザップ徹底比較

リボーンマイセルフVSライザップ徹底比較
リボーンマイセルフとライザップの違いを、両社を体験した私が徹底検証します。

料金の違い

各社の料金等は、ベーシックな2ヶ月コースで比較しています。金額はすべて税抜き表記です。

リボーンマイセルフダイエットコース
(フルタイム)
ライザップ
シェイプアッププログラム
入会金 20,000円 50,000円
2か月分料金 220,000円
(合計:240,000円)
298,000円
(合計:348,000円)
回数 16回 16回
時間 50分 50分

リボーンマイセルフとライザップの基本的なコースは、トレーニング時間と回数は同じです。が、リボーンマイセルフの方が、ライザップより10,8000円安くなっています。

ライザップの場合、入会時にプロテインやサプリメントなどの購入をすすめられますが、リボーンマイセルフの場合、そもそもプロテインやサプリメントを利用せずボディメイクを行うという方針なので、余計な出費は必要ありません。

店舗数の差

店舗数
リボーンマイセルフ 51
ライザップ 120

※リボーンマイセルフの店舗数は公式サイトより。ライザップの店舗数は国内外累計(2017年3月期決算説明会資料より抜粋)。

店舗数で比較すると、ライザップの方が2倍以上多くなっています。リボーンマイセルフは、基本的には直営ではなく、フランチャイズ方式。よって、店舗によって運営会社が異なります。

リボーンマイセルフ、ライザップともに今後も店舗数拡大の方針ですから、これからさらにお店が増えて利便性は向上するはずです。

リボーンマイセルフ&ライザップ、各社スタッフが語る両社の違い

リボーンマイセルフ、ライザップ、各社スタッフに両社の違いについて聞いてみました。

リボーンマイセルフが語るライザップとの違い

  • 女性向けに特化しているから、女性の体作り、ダイエットに強い。
  • 広告費をライザップほどは使っていないので料金が安い。
  • ライザップのような糖質制限ではなく、低GI値の食品を食べる食事法を指導。
  • プロテインやサプリメントは使わない。

ライザップが語るリボーンマイセルフとの違い

  • 過去8万人分の会員情報を保有。データに基づき女性のお悩みに合った指導が可能。
  • 抵糖質の食事法を指導しているが、ゆくゆくはパンやご飯も食べられるようにアドバイスしている。アフターフォローも充実。
  • 栄養サポートセンター(受付時間9:30~20:30)があり、栄養士に直接食事についての相談ができる。
  • 医療チームがあり、体調面の相談も可能。

ライザップの担当者には、リボーンマイセルフのサイトを見ながら答えてもらいました。ライザップの会員さんは「体だけでなく、気持ちも変わりました」とおっしゃる方が多いとのこと。

raizap mamaなお、ライザップでも「 RIZAP MAMA 田園調布店」(東京都世田谷区玉川田園調布2-7-18セトル田園調布1F)という女性専用ジムをスタートさせたそうです。

まとめ:メリットとデメリット

リボーンマイセルフ
リボーンマイセルフの無料カウンセリングを受けてみて感じた、同社のメリット&デメリットを紹介します。

リボーンマイセルフのメリット

  • プロテインやサプリをそもそも利用しないので、会費以外に多額のお金を求められることがない。
  • 女性向けに特化しているので、女性の美しい体作りに最適。
  • 女性心理をよく理解したサービス&美しい内装が魅力的。

リボーンマイセルフのデメリット

  • トレーナーさんの経験値が少なそう。
  • 店舗数がライザップほど多くないので、近所にない場合は通いにくい。

ライザップを始めとして、パーソナルジムのスタッフは、細マッチョ系からガチムチ系まで、スポーツ慣れした人、トレーニング上級者的な雰囲気の方が多いのですが、リボーンマイセルフは細身でかわいらしい若い女性がトレーナー。

「いかにもジムで働いています」という感じの筋肉質な方はいませんでした。

カウンセリング時、リボーンマイセルフのトレーナーさんに前職について質問してみたところ「以前はエステシャンでした」という人も居て、トレーニング歴&トレーナー歴は浅そうということが、不安要素としてはあるといえばあります。

とはいえ、ちゃんと研修を受けていらっしゃいますし、何より男性ウケも女性ウケもしそうな、スリムで綺麗な体をした女性トレーナーばかりなので、その指導法などについては信用できると思います。

リボーンマイセルフの大元の会社は、エステやネイルサロンを複数運営しているとのことで、女性にとっての嬉しいサービス(施設の美しさ、ダイエットプランの内容など)について、熟知しています。

女性が利用するという視点だけで見ると、ライザップよりリボーンマイセルフの方が、サービスやジムの内装はレベルが上だと感じました。

リボーンマイセルフに通うことで、ダイエットに関する一生モノの知識が身につくと考えれば、支払うお金も惜しくはないですね。マンツーマンジムをお探しの女性の方に、リボーンマイセルフはおすすめです。

関連おすすめ記事

おすすめ記事

筋トレサプリメント 1

日本人メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手や、GACKTさんやレイザーラモンHGさんなど筋トレをしている有名人には、サプリメントを積極的に飲んでいる人も少なくありません。 筋トレをしている人たち(ト ...

【コスパ・人気重視】HMBサプリおすすめランキング!効果・品質や口コミを比較 2

以前は筋トレといえば「プロテイン」というイメージがありましたが、最近ではHMB配合のサプリメントが注目を浴びていて、プロスポーツ選手などのアスリートも飲む人が増えています。 そんな話題のHMBサプリメ ...

パーソナルジム・プライベートジムおすすめ比較ランキング 3

全国展開しているライザップ、24/7ワークアウト、エススリー、リボーンマイセルフ(旧シェイプス)の4社に体験潜入し、実際にトレーナーさんからお話を聞き、ジム内部の見学をしてきました。 それぞれのジムの ...

筋トレ初心者はダンベルとフラットベンチを買うべき 4

筋トレを始めたばかりの人にとって、いきなりジムに通い始めるのはハードルが高いですよね。だからといって、筋トレグッズが全くない人が自宅でできるトレーニングは限られています。 ここでは自宅筋トレ歴4年の筆 ...

筋トレ初心者必見!レベルアップするために手に入れたい器具&グッズ10選 5

本サイトでは以前「筋トレ初心者必読!まず買うべき2つのグッズとおすすめの自宅筋トレメニュー10選」と題して、筋トレ初心者は1セットのダンベルとフラットベンチをまず買うべしと提案しました。 しかし残念な ...

ホームジムを作ろう!筋トレ器具・マシンの正しい選び方4つのポイント 6

筋トレをする人なら一度は夢見るホームジム。しかし自宅の環境にとびきり恵まれていない限り、「万人にとっての完全無欠のホームジム」を手に入れることはできません。 だからこそ会員制ジムやパーソナルジムが存在 ...

ホームジム 7

「ホームジムを作ろうと思って基本のフラットベンチとダンベルを買ったけれど、イマイチ筋トレが充実しない」そんな初心者ホームトレーニーは多いのではないでしょうか。 ここではホームトレーニング歴4年の筆者が ...

-ジム・フィットネスクラブ

Copyright© 筋活ガイド【筋トレ・ダイエット】 , 2018 All Rights Reserved.