ホットヨガLAVA(ラバ)とCALDO(カルド)を比較!料金や効果などどっちがおすすめか解説

更新日:

LAVAとCALDO
最近、健康と美しさを心がける人たちの間で、ホットヨガが静かなブームとなっています。

高温の室内で、ヨガを行うことで、ダイエット、美肌、冷え症改善などの効果が期待できます。さらに、心の疲れを癒す手段としても、ホットヨガは注目されているのです。

今回の記事では、全国展開しているホットヨガのお店、LAVAとCALDOへ実際に体験潜入しました。インストラクターさんから、直接お話を聞き、スタジオ内部を見学&レッスンに参加してきました。

それぞれのスタジオの料金や店舗数、内装や使い心地を、セールストーク無しの本心でご紹介します。

本当に各スタジオでヨガを体験したからこそ分かった、公式サイトには載ってない情報や画像も多数掲載しています。これからホットヨガを始めてみようという方のご参考になれば幸いです。

公式サイトはこちら

店舗数、知名度でLAVA(ラバ)とCALDO(カルド)を比較

店舗数 人気・知名度(宣伝広告)
LAVA 330店舗以上 テレビCM、雑誌など
CALDO 60店舗以上 テレビCM、雑誌など

各社の店舗数、宣伝広告については、公式サイト、採用サイトを参照しました。

LAVAは全国330店舗以上

LAVAは全国に330店舗以上
店舗数の多さで比較すると、LAVAの勝ち。全国に330店舗以上を展開し、毎月のように新店舗をオープンし続けています。

LAVAは日本全国、どこにでもあるので、転勤や進学などで引越しをした場合にも継続して通いやすいですね。

また、LAVAのテレビコマーシャルはこちらです。

CALDOは全国60店舗以上

CALDOは全国に60店舗ほどを展開しています。

こちらも、LAVAほどではないですが多数のスタジオを開設し、店舗数は日に日に増えています。

CALDOのテレビコマーシャルはこちらです。

  • LAVAは全国に店舗があり、ホットヨガスタジオ店舗数No.1で知名度抜群
  • CALDOも全国に店舗があり知名度はあるが、LAVAより店舗は少ない

公式サイトはこちら

料金の安いホットヨガスタジオどっち?

LAVA CALDO
料金(フルタイム) 15,093円 12,800円
内容 全店舗、全営業時間 申し込んだ店舗のみ、全営業時間。
付帯するレンタル品 バスタオル1枚 バスタオル2枚、フェイスタオル1枚、ウェア、シューズ
体験レッスン料金 926円
LAVA公式サイト
907円
CALDO公式サイト

LAVA、CALDOともに上記で紹介したコースでは、全時間帯利用可能です。料金は月額です。店舗によって価格は多少異なります。

安さで選ぶならCALDO

caldo
CALDOの料金は通い放題で全営業時間が利用できるプランだと9,500円と、LAVAより3割ほど安くなっています。

安さで選べばCALDO

店舗数はLAVAよりも少ないですが、自宅近くや勤務先の近くにCALDOの店舗があるなら、CALDOで決まりですね。

キャンペーン

さらに、CALDOはだいたいいつも何らかの新規入会キャンペーンを行っています。キャンペーン価格で入会すると、最初の2ヶ月は2,980円(ペア入会の場合は、1人あたり1,990円)という超低価格になります。

料金相応のサービスに納得LAVA

LAVAロゴ

↓LAVA高円寺店で、体験レッスン受講時に渡された料金表です。LAVAもCALDO同様、店舗によって料金が多少異なります。
料金相応のサービスに納得! LAVA
LAVAには、CALDOのようにウェアのレンタルが付帯する料金プランはありません。しかし、最高額の「フリー・フルタイム」コースなら、「LAVAの全店舗&全営業時間で利用OK、レッスンは1日2回まで受講可能」といううれしいサービスがあります。

LAVAは、330店舗以上があります。そのすべての店舗をいつでも使えるので、出張や旅行が多い方、気分転換にいろいろなお店に行ってみたい方、勤務先の最寄りのスタジオと自宅近所の店舗両方を利用したい方にとっては非常に便利です。

CALDOと比較すると、LAVAの方が少し料金は高額です。が、いろいろな店舗を利用できるという利点を考えると、少し高めの価格にも納得できます。

料金相応のサービスに納得! LAVA
また、LAVAも頻繁にキャンペーンを実施しています。キャンペーン期間中に入会すると、かなりお安い価格で利用できます。

施設環境、料金に含まれるサービス等で比較

LAVA CALDO
最高額コース 15,093円 12,800円
ウェアレンタル ×
タオルレンタル バスタオル1枚 バスタオル2枚、フェイスタオル1枚
その他メリット ・全店舗利用可
・1日2レッスン受講可能
・レッスンの種類が豊富。
・レンタルシューズあり
・予約不要
・フィットネスジムや岩盤浴も利用可能

※LAVA、CALDOともに上記で紹介したコースでは、全時間帯利用可能です。料金は月額です。店舗によって価格は異なります。

LAVAは豊富なプログラムが魅力的

LAVAロゴ
LAVAは、全店舗利用可能、1日2レッスンまで受講可能のコースがあり、プログラムも多種多様。ヨガというより美容系ストレッチのようなレッスンもあり、変化に富んでいます。

実際に、私はLAVAに入会し通っているのですが、毎月のように新たなプログラムが誕生したり、常駐している先生だけでなく、ゲストインストラクターさんが来て、いつもより長めのレッスンをするプログラムを実施してくれたりするので、飽きることなくレッスンに参加できます。

LAVAは豊富なプログラムが魅力的

また、肩こり改善ヨガや疲れリセットヨガといった目的別プログラムは人気が高く、レッスンには多数の会員が出席しています。LAVAとCALDO、両方のレッスンを受けてみたのですが、LAVAの方が指導は丁寧です。

ポーズがうまくできない生徒には、インストラクターさんが個別に教えてくれるので、初めてヨガに挑戦する方も心配要りません。

レッスンスタジオ

スタジオ内は、壁際にヒーターが設置されているため、壁側にヨガマットを敷くとけっこう暑かったりします。インストラクターさんによっては、レッスン中に室内の温度調節をしてくれるので、「倒れるくらい高温」になることはありません。

シャワールームLAVAスタジオのトイレ
シャワーやトイレなどの設備は、LAVAもCALDOも大差なし。LAVAもCALDOもシャワールームに、シャンプーなどのアメニティは用意されていません。

CALDOはジムや岩盤浴が楽しめる

caldo
CALDOは、ホットヨガだけでなく、フィットネスコーナーや岩盤浴コーナーが設置されています。料金はLAVAより安いのに、フィットネスコーナーで有酸素運動をしたり、筋トレしたり、岩盤浴で汗を流したりできるのでとってもお得です。

私が体験レッスンに参加した、カルド新宿には、フィットネスコーナーがありました。
フィットネスジムコーナー
また、別料金ですが、加圧トレーニングやエステの施術が受けられる店舗も。お店ごとに、施設の内容は異なります。が、ホットヨガにプラスして様々なサービスがあることが、CALDOの特長です。

CALDOはジムや岩盤浴が楽しめる2
CALDOのホットヨガスタジオは、50人収容。小学校の教室2つ分くらいの広さがあります。LAVAの場合、室温の調整をインストラクターさんがこまめに切り替えてくれますが、CALDOの場合、ずっと室温40度、湿度55%のままなので、かなり汗が出ます。

ホットヨガのプログラムは、LAVAもCALDOも種類豊富です。飽きずに楽しく通えます。

シャワートイレ
シャワーやトイレに関しては、CALDOとLAVAに大差ありません。どちらも、特別な仕掛けは何もないですが、清潔さが保たれています。

LAVAとCALDOのメリット&デメリット比較一覧

LAVAとCALDOの体験レッスンを両方受けたからこそ分かった、各社のメリット&デメリットをご紹介します。

公式サイトに載っていない情報を、主観メインでお届けします。ただし、あくまでも個人的な感想なので、人によって感じ方が違うと思います。

また、LAVA、CALDOともに店舗によって料金やサービス内容が多少異なります。体験時によく確認していただきますようお願いします。

LAVAとCALDOどちらに通おうか気になった方は、ここに記載した内容は参考程度にお考えになり、実際に両方の体験レッスンに参加されることをおすすめします。

LAVA CALDO
メリット ・ヨガのポーズを熱心に教えてくれる。
・インストラクターさんの愛想が良い。
・体の部位別プログラムなど、変化に富んだレッスンで飽きない。
・全国に320店舗以上あるので、大体どこに引っ越しても継続可能。
・予約不要で気軽に利用できる。
・ウェアやタオル付きコースがあるので、持ち物が少ない。
・ジムや岩盤浴付き店舗もあり、お得。
・LAVAより月額料金が安い。
・営業トークがほぼ無い。
デメリット ・入会前も入会後もダイエットグッズなどの営業トークが多い。
・CALDOより月額料金が少し高い。
・ポーズについての、細かい指導はない。
・アルバイトが受付をしているので、いろいろ質問してもあまり自社のことを知らない。
公式サイト LAVA公式サイト CALDO公式サイト

まとめ:まずは体験レッスンを受ける!

ホットヨガ
私は、ホットヨガを始めたことにより、体重4kg減(食事も減らしました)、肌が綺麗になったり、肩こり改善などの効果を感じたりしています。運動神経が悪く、難病持ちの私でもできているので、老若男女問わず、どなたでもできると思っています。

LAVAとCALDO両方の体験に参加し、私はLAVAに入会しました。理由は、自宅から店舗までの距離が近いのはLAVAだからです。やはり、ヨガは継続に意味があり、続けるためには、自宅から通いやすい方が良いと判断しました。

LAVAとCALDO、どちらの会員になるかで迷ったら、両方の体験に参加することをおすすめします。

順番としては、CALDOの体験に行ってから、LAVAの体験に参加することがベストです。CALDOは、入会即決を迫ってこないですが(そもそも受付の人がアルバイトらしく、まったく営業トークをしてきません)、LAVAは「体験当日入会で、入会金と登録料が無料になります」とグイグイ勧誘してきます。

LAVAとCALDO、どちらにしろ、継続しやすい方を選択されると良いと思います。ホットヨガは1回レッスンに参加するだけでも、何らかの効果が感じられます。たっぷりの汗をかくって、それだけで爽快ですよ。

私は、なかなか重い腰を上げられず、体験レッスンに参加できませんでした。しかし、体験の予約を入れたら、とりあえず行くしかありません。体験の申し込みだけでも今すぐやっておくことをおすすめします。

体験レッスンの予約はこちら

関連おすすめ記事

おすすめ記事

筋トレサプリメント 1

日本人メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手や、プレスラーYAMATOさん、ボクシング亀田兄弟、レイザーラモンHGさんなど筋トレをしている有名人には、サプリメントを積極的に飲んでいる人も少なくありませ ...

【コスパ・人気重視】HMBサプリおすすめランキング!効果・品質や口コミを比較 2

男性向けHMBサプリおすすめランキング【コスパ・人気重視】 筋トレといえば「プロテイン」というイメージがありましたが、最近ではHMB配合のサプリメントが注目を浴びていて、プロスポーツ選手などのアスリー ...

パーソナルジム・プライベートジムおすすめ比較ランキング 3

全国展開しているライザップ、24/7ワークアウト、エススリー、リボーンマイセルフ(旧シェイプス)の4社に体験潜入し(地域別では他社も体験)、実際にトレーナーさんからお話を聞き、ジム内部の見学をしてきま ...

筋トレ初心者はダンベルとフラットベンチを買うべき 4

筋トレを始めたばかりの人にとって、いきなりジムに通い始めるのはハードルが高いですよね。だからといって、筋トレグッズが全くない人が自宅でできるトレーニングは限られています。 ここでは自宅筋トレ歴4年の筆 ...

筋トレ初心者必見!レベルアップするために手に入れたい器具&グッズ10選 5

本サイトでは以前「筋トレ初心者必読!まず買うべき2つのグッズとおすすめの自宅筋トレメニュー10選」と題して、筋トレ初心者は1セットのダンベルとフラットベンチをまず買うべしと提案しました。 しかし残念な ...

ホームジムを作ろう!筋トレ器具・マシンの正しい選び方4つのポイント 6

筋トレをする人なら一度は夢見るホームジム。しかし自宅の環境にとびきり恵まれていない限り、「万人にとっての完全無欠のホームジム」を手に入れることはできません。 だからこそ会員制ジムやパーソナルジムが存在 ...

ホームジム 7

「ホームジムを作ろうと思って基本のフラットベンチとダンベルを買ったけれど、イマイチ筋トレが充実しない」そんな初心者ホームトレーニーは多いのではないでしょうか。 ここではホームトレーニング歴4年の筆者が ...

-ジム・フィットネスクラブ

Copyright© 筋活ガイド【筋トレ・ダイエット】 , 2018 All Rights Reserved.