ヨーグルトダイエットの効果とやり方 おすすめレシピや方法を体験談から口コミレビュー

更新日:

ヨーグルト
ヨーグルトダイエットは、ずばり効果があります。毎日食べるとお通じが良くなり、お肌もツルツルになります。

ヨーグルトダイエットは飽きずに長く続けられる工夫をすると、さらに効果を高められます。

私の実体験をもとにヨーグルトダイエットについて紹介しますので、自分に合ったヨーグルトの種類と自分好みの味つけを知って、ヨーグルトダイエットを続けましょう!

ヨーグルトダイエットとは? やり方や効果を解説

ヨーグルトダイエットとは、普段のダイエットの食生活にヨーグルトを追加したり、別の食べ物と置き換えるダイエットのことをいいます。

カロリー面から考えて、別の食べ物よりもヨーグルトの置き換えダイエットの方が、体重減少の効果が高いですね。

ヨーグルトは発酵食品なので健康面でも効果が期待できて、毎日食べるとお通じがスムーズになったりお肌がつやつやしてきます。

健康面でのメリットが大きいので、ダイエットに成功したいまでも、ヨーグルトはほぼ毎日食べています。

ヨーグルトの種類

ヨーグルトの歴史は長く、日本でも1000年以上前から健康食品として食べ続けられていて、さまざまな種類があります。

ヨーグルトに配合される原材料や乳酸菌によって、食感やとろみ、味、効果も違ってきます。特に乳酸菌別にわけると、効果は大きくわかれて、個性もわかれる印象になります。

固形のヨーグルトだけでなく飲むタイプの製品もあり、乳製品だけでなく大豆製のヨーグルトもあります。

ヨーグルトが嫌いな人は意外と多いので、糖分やフルーツを追加してデザートのように食べやすく工夫した製品も多いです。

しかし、ダイエットは摂取カロリーを控えるのが基本なので、できるだけ砂糖が入っていない製品を選びましょう。

ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌は乳酸菌の一種で、 よくヨーグルトのパッケージにビフィズス菌について説明が記されています。

ビフィズス菌は、乳糖やオリゴ糖を分解して腸内のPh値を整えて善玉菌になり、腸内環境を整えてくれます。花粉症やアレルギーの症状緩和の効果がもあり、ビタミンを体内で生成できるので、良いことづくめです。

ビフィズス菌が入ったヨーグルトのシェアは大きくお得な製品もあるので、とりあえずビフィズス菌ヨーグルトを毎日食べて腸内環境を良くして、ダイエットの効果を高めるのも良いでしょう。

飲むヨーグルト

飲むヨーグルトは、砂糖が入った飲み物が多いので、あまりダイエットには向いていません。プレーン味と表示されていても、砂糖やブドウ糖入りの商品もあります。

果物を使って作られたさまざまな味があるので、好みに合わせておやつの代わりに摂るのも良いでしょう。

ダイエットを成功させたいなら、できるだけ砂糖は入れないでプレーンヨーグルトを摂るようにしましょう。

ギリシャヨーグルト

ギリシャヨーグルトは、ヨーグルト製品の中でも高価格帯に属します。

普通のヨーグルトを水切りして、余分な水分を取り除いているので、とても濃厚なとろみが味わえます。とろけるチーズ並みの食感もあり、砂糖なしでもおいしく食べられます。

ギリシャヨーグルトは、水分が少ない分たんぱく質が通常のヨーグルトより2倍あり、カルシウムも多めに生まれているので、女性におすすめのヨーグルトです。さらに、水分が少ない特徴を生かして、ヨーグルト風味の料理の材料として使うのもオススメです。

ガセリ菌ヨーグルト

ガセリ菌ヨーグルトは、某赤いパッケージ製品がとても有名ですよね。一時期ガセリ菌の効果はテレビや雑誌で取り上げられて、店頭で品薄状態が続きました。

メジャーな乳酸菌ビフィズス菌は大腸にいるのに対して、ガセリ菌は小腸に定着します。よって、その効果を狙ってガセリ菌を配合したヨーグルトが製品化されました。

ガセリ菌を摂取すると内臓脂肪が減る効果があるので、 ダイエットに向いたヨーグルトといえます。

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトは、普通のヨーグルトよりとろみがあり、普通のヨーグルトより少しお高めの価格です。

乳酸菌のクレモリスと酢酸菌のアセトバクターが配合されていて、特にクレモリス菌が生きたまま腸内に届いてさまざまな健康効果が期待できます。

豆乳ヨーグルト

豆乳ヨーグルトはとろみがあって色は灰色がかり、乳製品のヨーグルトと比べてほんのわずかに粉っぽさが感じられます。

乳製品のヨーグルト以外の栄養を摂取したい、かつ食べ分ける場合にはおすすめのヨーグルトです。大豆製なので、牛乳アレルギーの人でも食べられるヨーグルトです。

ラクトフェリンヨーグルト

ラクトフェリンヨーグルトに含まれるラクトフェリンは、最近注目されているタンパク質の一種です。

ラクトフェリンを摂取すると、免疫力アップや体脂肪を減らしたり、怪我の治りが早くなったり、 抗酸化作用と抗がん作用も期待できます。ほかには、骨を強くしたり歯周病も予防の効果もあるので、タンパク質の中ではかなりの種類の効果があります。

ラクトフェリンを摂取した場合の副作用は、乳アレルギーではないなら、特にきにしなくて大丈夫です。ラクトフェリンヨーグルトはカスピ海ヨーグルト並みのさまざまな効果があるのに、比較的お得な製品です。

味も普通のヨーグルトと同じくらい美味しいので、おすすめのヨーグルトです。

無脂肪ヨーグルト

通常のヨーグルトをさらに加工して、脂肪の量をゼロにした低カロリーのヨーグルトです。カロリーが低いので、摂取カロリーを控えめにするダイエットにはおすすめの製品となります。

生乳のみが原材料のヨーグルト製品はあまりなく、価格が高い傾向にあります。生乳のみの無脂肪ヨーグルト製品の方が、粉っぽくなくて少しとろみがあり、おいしいですよ。

ヨーグルトダイエットをやってみた体験談とメリット・デメリット

ヨーグルトダイエットのメリット

プレーンヨーグルト
忙しい時期の仕事中に、おやつ代わりにプレーンヨーグルトを食べていたら、自然と満腹状態が続いてお菓子を食べなくなりました。

すると、 ヨーグルトを摂取する効果もあり毎日お通じが来て、 胃腸とお肌の調子も良くなり、1ヵ月で体重が2.3キロ落ちました。

その当時はダイエットをするつもりはなかったのですが、結果として置き換えダイエットのヨーグルトバージョンを実行したことになります。

その経験もあり、 再びヨーグルトダイエットをしたら、前回と同じ効果が出てダイエットは成功しました。

忙しい時には、とりあえずプレーンヨーグルトを毎日食べて過ごすだけでも、ダイエット効果が期待できます。

ヨーグルトダイエットのデメリット

甘く味付けされたヨーグルトであっても、どうしてもすっぱさ酸味は消えません。ということは、あまりヨーグルトが好きではない人がヨーグルトを食べてダイエットを完了させるのは、精神的にきついことになります。

ダイエット向けにヨーグルトを食べるときは、できるだけ砂糖を入れません。よって、ヨーグルトがあまり好きではない人が無理して食べるのは、あまりおすすめできません。

乳アレルギーの人もヨーグルトは食べられないので、ヨーグルトダイエットはできません。

おすすめのヨーグルトダイエットのレシピ

ヨーグルトダイエットでは、砂糖を入れずにヨーグルトを食べるのが基本です。

食べやすくするために、好みの果物や香辛料を加えて味付けしましょう。

ヨーグルトに合うおすすめの食材

ヨーグルトに合う果物
ヨーグルトに合うおすすめの果物は、りんご、バナナ、アロエベラ、ミックスベリー、アサイーが特におすすめです。

きなこや黒ゴマ粉も、ヨーグルトに合うのでおすすめです。

好きな果物をプレーンヨーグルトに加えて朝か夜寝る前、またはおやつのかわりに食べましょう。チアシードを加えると、さらに満腹感が得られます。

ヨーグルトに合うおすすめの香辛料は、カカオパウダーとシナモンです。カカオはスーパーフードの一種なので、少ない量でも美容効果が期待できます。

サプリを摂ることに抵抗がない場合は、プレーンヨーグルトにプロテインを追加しても良いでしょう。グルタミンや食物繊維パウダーも追加すると、さらに腸内環境が良くなります。

どうしてもヨーグルトに強い甘みを加えたい場合は、はちみつを加えましょう。はちみつもスーパーフードなので少量でも、美容効果が期待できます。

ヨーグルトとプロテインも相性が良い

プロテインを飲むのに慣れてる場合は、普段飲むプロテインにプレーンヨーグルトを100g追加すると、わずかな酸味も加わり飲みやすくなります。

ミキサーにかけると、ヨーグルトプロテインスムージーの出来上がりです。

ダイエット中は自炊に時間がかかってしまいますが、ヨーグルトプロテインスムージーを作って飲むと時間短縮になります。朝起きてすぐに、ヨーグルトと果物、プロテインを同時にミキサーにかけて一気飲みです。

タンパク質や天然の栄養を気軽に摂れて、楽ちんですよ。

まとめ

ヨーグルトダイエットを成功させるために、砂糖を入れないヨーグルトと食材の好きな組み合わせを知りましょう。ヨーグルトと食材の組み合わせをいろいろ試して、好きな組み合わせを見つけてください。

ヨーグルトに砂糖を入れない時点で、ヨーグルトダイエットはダイエットテクニックのなかでも少しハードルが上がっているので、いかにヨーグルトを毎日長く食べ続けるかが重要です。

ヨーグルトは、ダイエットだけでなく美容健康にも効果があるので、ぜひ食べる習慣を続けてください。

おすすめ記事

筋トレサプリメント 1

日本人メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手や、プレスラーYAMATOさん、ボクシング亀田兄弟、レイザーラモンHGさんなど筋トレをしている有名人には、サプリメントを積極的に飲んでいる人も少なくありませ ...

【コスパ・人気重視】HMBサプリおすすめランキング!効果・品質や口コミを比較 2

男性向けHMBサプリおすすめランキング【コスパ・人気重視】 筋トレといえば「プロテイン」というイメージがありましたが、最近ではHMB配合のサプリメントが注目を浴びていて、プロスポーツ選手などのアスリー ...

パーソナルジム・プライベートジムおすすめ比較ランキング 3

全国展開しているライザップ、24/7ワークアウト、エススリー、リボーンマイセルフ(旧シェイプス)の4社に体験潜入し(地域別では他社も体験)、実際にトレーナーさんからお話を聞き、ジム内部の見学をしてきま ...

筋トレ初心者はダンベルとフラットベンチを買うべき 4

筋トレを始めたばかりの人にとって、いきなりジムに通い始めるのはハードルが高いですよね。だからといって、筋トレグッズが全くない人が自宅でできるトレーニングは限られています。 ここでは自宅筋トレ歴4年の筆 ...

筋トレ初心者必見!レベルアップするために手に入れたい器具&グッズ10選 5

本サイトでは以前「筋トレ初心者必読!まず買うべき2つのグッズとおすすめの自宅筋トレメニュー10選」と題して、筋トレ初心者は1セットのダンベルとフラットベンチをまず買うべしと提案しました。 しかし残念な ...

ホームジムを作ろう!筋トレ器具・マシンの正しい選び方4つのポイント 6

筋トレをする人なら一度は夢見るホームジム。しかし自宅の環境にとびきり恵まれていない限り、「万人にとっての完全無欠のホームジム」を手に入れることはできません。 だからこそ会員制ジムやパーソナルジムが存在 ...

ホームジム 7

「ホームジムを作ろうと思って基本のフラットベンチとダンベルを買ったけれど、イマイチ筋トレが充実しない」そんな初心者ホームトレーニーは多いのではないでしょうか。 ここではホームトレーニング歴4年の筆者が ...

-女性のダイエット・筋トレ

Copyright© 筋活ガイド【筋トレ・ダイエット】 , 2018 All Rights Reserved.