【女性】プロテインダイエットの効果とおすすめのやり方 実際に試した方法を口コミレビュー!

更新日:

女性のプロテインダイエット
女性のプロテインダイエットでより効率よく目標達成するには、カロリー計算が必須です。そして好みの味のプロテインを見つけて、飲み続ける習慣も身につける必要があります。

すると、タンパク質の摂取量が安定して、体重が減り終わった頃には引き締まった体型を手に入られます。

自分に合ったプロテインの種類と飲み続ける習慣を知って、プロテインダイエットを成功させましょう。

ここでは私が実際に試したプロテインダイエットを紹介していきます。

女性がプロテインダイエットで効果的に痩せるための基礎知識

プロテインを飲むだけでは、ダイエットは成功しません。むしろプロテインを飲むと、カロリーの摂取量も増えるリスクが発生します。

プロテインはどちらかというと、ダイエット向けのサプリというよりはトレーニング用のサプリに近いです。しかしプロテインを飲んだからといって、ボディビルダーのようにムキムキな体型にはなりません。

プロテインはトレーニング用のサプリといっても、ドーピング物質ではなく、単純にタンパク質が多く配合された粉なので、ふしぎな薬でもありません。

運動によってカロリーを消費した分、プロテインで栄養補給して、疲れた筋肉を回復させて体型を整えるイメージを持ちましょう。

プロテインダイエットの体験談 失敗から成功まで口コミレビュー

プロテインダイエットを失敗する人はとても多いです。私も最初は、プロテインを飲むだけで痩せられると勘違いして、ダイエットを失敗しました。

しかし運動によって消費カロリーを増やして、適切なタイミングでプロテインを飲むことによって、順調に体脂肪率と体重が減り、自分でも満足のいく体型になりました。
今では体型維持に努めているので、タンパク質の摂取量が足りないなーと思ったら、たまにプロテインを飲んでいます。

さらにプロテインダイエットについて、詳しく知っていきましょう。

プロテインの置き換えダイエットを始めた理由

DHC プロティンダイエット
プロテインダイエットを始めたきっかけは、ドラッグストアでDHCのプロテイン製品を見かけたことです。

ドラッグストアではザバスのプロテイン製品を置いてありますが、ザバスだとパッケージのデザインがトレーニング向けなので、 ザバスの製品は手にとりませんでした。

たいして運動していなかったので、プロテインを飲むだけで痩せられる、と簡単と思っていました。

DHCのプロテイン製品は、1食分をプロテインで置き換えよう、と宣伝していましたが、私はカロリー計算が大雑把だったので、1食分で置き換えても全体の摂取カロリーが多かったので、結果としてダイエットは成功しませんでした。

プロテインダイエットの失敗体験談 痩せない理由

プロテインダイエットで失敗する主な理由は下記の2つです。

  • カロリーオーバーになっている
  • 好みのプロテインを見つけられずに飲み続けられなかった

カロリーオーバーになる原因は、プロテインを食事やおやつに置き換えてダイエットするはずが、プロテインで満腹にならずに、もっと食べてしまうケースがほとんどです。カロリーオーバーを防ぐためには、運動して消費カロリーを増やす習慣を身につける必要があります。

もし運動せずにダイエットしたい場合は、さらに摂取カロリーを減らす必要があります。さらにカロリー細かく計算するためには、ダイエットアプリを使うと便利ですよ。

好みのプロテインをドラッグストアで見つけられなかったのもあり、私もプロテインダイエットを最初は失敗したのかもしれません。

DHCのプロテインの味で好みの種類もありましたが、全ての種類が好みではありませんでした。ドラッグストアでは味が一種類のみでは売られていなかったので、飲み続ける意味では不便でした。最近では、一種類のみでもネット通販されているので、便利になりました。

好みのプロテインを見つけるには、いろいろな会社のプロテイン製品を試し飲みする必要があります。ドラッグストアで売られているプロテイン製品だけでなく、トレーニング向けのプロテインも試してみましょう。

失敗から学びプロテインダイエットで成功して痩せた方法

プロテインを飲むだけで痩せると勘違いしていた私は、しばらくプロテインを飲むの控えていました。どんどん太っていくので、食事制限だけでなく運動も必要だと思いフィットネスクラブに入会しました。

運動の習慣が身について消費カロリーも増えて、体重はすぐ落ちていたのですが 体組成を計ってみると筋肉もだいぶ減っていました。

筋肉が維持された方が体重を減らした時、引き締まった体型の基礎代謝も増えているので、メリットが多いです。体重を減らしただけでダイエットは成功したとはいえない、と当時は思いました。

ある程度体重が落ちてきたら、今度はさらに運動の負荷を高めて、プロテインを置き換えて飲む習慣も増やしました。すると筋肉の栄養が効率よく行き渡り、体脂肪を減らしやすくなり、筋肉を維持したまま体脂肪と体重が落ちていきました。

最終的に体脂肪率は12%台になり、アスリート体型にもなり、 私のダイエット期間は終わりました。仮に運動後にプロテインではなくお菓子や揚げ物を食べていたら、 筋肉ではなく体脂肪が維持されて体重が落ちていたでしょう。

体重を落とすだけなら、絶食すれば簡単に落ちます。ダイエットして綺麗な体型になるためには、適度な運動と栄養、タンパク質が必要でしょう。

おすすめ食品・飲料の食べ方や飲み方を比較

ゴールドジムのCFMホエイプロテイン

ゴールドジム CFMホエイプロテイン

CFM製法とはプロテインの製法の一種で、4つの製法のなかで2番目に精製レベルが高い製法です。特にゴールドジムのCFMプロテインは、私の周りでも評価が高くて飲みやすく、内容量の割にお得な製品です。

ゴールドジムのCFMプロテインの味の種類は、プレーン味とリッチミルク味、ダブルチョコ味、ミックスベリー味、バナナシェイク味があります。

プレーン味は、なにも味つけされていないので、添加物が少なく健康的です。プレーン味は、ミキサーで好みの果物と混ぜて飲むと、おいしく続けられます。

私の好みは、基本的にミキサーにかけて飲むパターンです。リッチミルク味とバナナ、またはダブルチョコ味とバナナ、の組み合わせが好みです。

さらに冷凍のミックスベリーやブロッコリーを追加して、プロテインスムージーにして飲むとおいしいです。ミックスベリー味とバナナシェイク味は、それ自体が完成された製品なので、特に食材を追加しなくてもおいしく飲めます。

ゴールドジムのCFMプロテインはこちら

ゴールドジムのホエイペプチドアミノコンプレックス

ホエイペプチドアミノコンプレックス

ホエイペプチドアミノコンプレックスは、プロテインの製法の中で一番細かくろ過されたWPH製法で作られています。

プロテイン製品の原材料のほとんどはタンパク質のままで配合されていますが、ホエイペプチドアミノコンプレックスはタンパク質よりさらに細かいホエイペプチドが配合されています。ホエイペプチドはアミノ酸ほど小さくはないのですが、アミノ酸並みに消化吸収が早いので、タンパク質を摂取するより、体への負担が少なくなります。

WPH製法のプロテイン製品は、普通のプロテインの製品より倍の価格ですが、運動前後に飲むと筋分解を防ぐので、ダイエット向けの運動はより効率よく結果が出せます。

ゴールドジムのホエイペプチドアミノコンプレックスの味はヨーグルトのみで、味の好みはわかれます。おいしいと思って飲む人はあまりいないみたいです、私もあまりおいしいとは思えません。

しかし運動前後にホエイペプチドアミノコンプレックスを無理やり飲んで、それ以外の時間はプロテインを飲まないという習慣も、プロテインが苦手な人にはアリだと思います。

激しい運動をしていた時期に、ホエイペプチドアミノコンプレックスを運動後に数ヵ月は飲んでいましたが、筋分解を防いで体脂肪率が下がったので、効果は感じられました。

ゴールドジム ホエイペプチドアミノコンプレックスはこちら

ケンタイのプロテイン

ケンタイのプロテイン

ケンタイは健康体力研究所という会社の通称略で、ゴールドジムのプロテイン製品よりマイルドな味の製品が多い傾向にあります。ゴールドジムのプロテイン製品よりタンパク質の比率は少なめだから、マイルドな味なのかもしれません。

ゴールドジムのプロテイン製品のよりケンタイの製品の方が好み、という人が多いです。私もケンタイのプロテイン製品の方が好きです。

たんぱく質の量で比べると、ゴールドジムのプロテイン製品より割高です。しかし味は美味しいので、ゴールドジムのプロテイン製品より先にケンタイのプロテインの製品を試すのもおすすめです。

ケンタイのプロテイン製品の中では、 ミルクチョコ味バナナ味がおすすめです。牛乳ではなく、水だけで溶かしても美味しいです。

ハレオのプロテイン

ハレオのプロテイン
ハレオという会社は、 他のトレーニング向けサプリを開発する会社と比べて、先を行くイメージがあります。ハレオのプロテインの製品にも、その傾向が見られて個性的な製品となっています。

アイソコアブラックオプスというプロテイン製品には消化吸収をサポートするために、 ベタインとイヌリン、 発酵エキスも含まれています。タンパク質を多く摂取すると胃腸を壊してしまう人もいるので、そういう原材料がプロテインに含まれていると飲む習慣が長続きしやすいです。

ハレオのアイソコアブラックオプスの味の種類は、ココアムース味とストロベリーホイップ味、トロピカルフルーツ味があります。ココアムース味とストロベリーホイップ味は、ケンタイのプロテイン製品のように、マイルドで飲みやすく美味しいです。

アイソコアブラックオプスの価格は他社のプロテイン製品と比べて高いので、よほど好みだったら飲む、という感覚で良いでしょう。

ブルードラゴン

ハレオの他のプロテイン製品ですと、ブルードラゴンがあります。ブルードラゴンは液体状のパッケージタイプで携帯できるので、外出先でも気軽に飲めます。

ブルードラゴンのタンパク質の原材料は乳製品のカゼインを使っているので、 通常のプロテインの製品より消化吸収が緩やかです。消化吸収が緩やかということは腹持ちがよいので、 ブルードラゴンを飲むとお腹が空きにくくなります。

外出先でヘタに外食をするのではなく、代わりにブルードラゴンを飲んで置き換えると、余分なカロリーを摂取しなくてすむので、ダイエットのストレスは特に感じませんでした。

ブルードラゴンの味の種類は、バニラ味とストロベリー味があり、どちらもとろみがかって美味しいです。バニラ味はミルクセーキに近くて、私も好んでよく飲んでました。

外出する際はカバンの中に一本、ブルードラゴンを入れておくのも良いでしょう。

バルクスポーツのプロテイン

バルクスポーツのプロテイン
バルクスポーツは、ハレオの子会社のようなイメージの会社で、原材料はほぼハレオと同じものが使われています。

ハレオは高級路線なのに対して、バルクスポーツは単体サプリやお得な製品を販売しているので、コストがかかっても効果を出したい場合はハレオ、材料を自分で混ぜたりお得に続けたい場合はバルクスポーツの製品を摂取すると良いでしょう。

バルクスポーツのビッグホエイというプロテインの味は、ナチュラル味とフレッシュミルク味、バニラアイス味、イチゴミルク味、ブルーベリーミルク味、ココアミルク味、桃アイス味、バナナミルク味、アーモンドチョコレート味、ティラミス味、ストロベリーショートケーキ味、などがあります。

とくにティラミス味とストロベリーショートケーキ味は、私も好みで他社にはない味なのでおすすめです。しかしビッグホエイの原材料は、少ない工程でろ過されているので、胃腸に負担がかかりやすい製品です。

毎日ビッグホエイを飲んでいたら、私はお腹を壊してしまったことがあります。プロテインの製品の中でビッグホエイはお得なのですが、胃腸に負担がかかる事を考えるとゴールドジムのプロテイン製品の方がおすすめです。

DNSのプロテイン

DNSプロテイン

DNSはもともとアメリカの会社なので、日本で売られているDNSのプロテイン製品はアメリカで売られている製品を日本人好みに改良したものとなります。

しかし日本人好みとはいえ、ゴールドジムのプロテイン製品より、さらに癖のある味の製品が多いです。タンパク質の配合量や価格から考えてもDNSの製品は、お得とは言えません。

DNSのプロテインの味の種類は、フルーツミックス味、チョコレート味、カフェオレ味、抹茶味、ヨーグルト味、ストロベリー味、プレーン味、ミルク味、バニラ味、レモン味、バナナ味、などさまざまな種類があります。

王道のチョコレート味も、実はそこまでおいしいとはいえません。よって味が好みだったらおすすめできる製品、と言えるでしょう。

DHCのプロテイン

DHC プロティンダイエット

DHCのプロテイン製品は、よく宣伝されてドラッグストアでも売られているので、有名で気軽に入手しやすいですよね。

DHCのプロテインの味は、いちごみるく味とココア味、コーヒー牛乳味、バナナ味、ミルクティ味がメインで、たまに期間限定の味も発売されています。ネット通販限定の味ですと、ラズベリーショコラ味とマンゴーオレンジ味、キャラメルりんご味があります。

DHCのプロテインは、ビタミンとミネラルと美容に向いた成分が含まれているので、ダイエットだけでなく美容健康にも向いている製品です。

他社のスポーツ向けのプロテインの製品より、味は自然に感じられておいしい種類が多いですよね。

他社のプロテインの製品と比べて、砂糖が多く含まれているので、カロリーも多く摂取しがちです。砂糖は高GI値なので、摂取すると体脂肪になりやすいので、よほどDHCのプロテインが好みではない限り、他社のプロテイン製品をおすすめします。

プロテインスムージーは効果大

プロテインは基本的に、水か牛乳に溶かして飲むサプリです。プロテインの粉は小麦粉に近いので、トレーニング慣れした甘党な人が、プロテインを代用してお菓子を作ることもあります。

プロテインはプレーンヨーグルトと相性がよく、甘い味のプロテインとプレーンヨーグルトを混ぜて少しとろみをつけて食べるのもよいでしょう。それよりも簡単でプロテインの摂取を長続きできるレシピは、プロテインスムージーです。

好みの味のプロテインを見つけたら、ミキサーで材料をまとめて混ぜてスムージーとして飲みましょう。

甘党の私の好みの組み合わせは、バナナと冷凍のミックスベリー、ブロッコリー、牛乳、ヨーグルト、カカオパウダーです。栄養が足りないなと思ったらグルタミン、スーパーフードのスピルリナも追加します。

これらの材料を軸にして、好みの味のプロテインを混ぜます。色々な食材がすでに追加されているので、あまり自己主張しない味のプロテインがおすすめです。

プレーン味、 バニラ味、ミルク系、ココア系、 がおすすめです。酸味が好みの場合はストロベリー味、ミックスベリー系がおすすめです。

毎日同じ味だと飽きるかもしれないので、数種類のプロテインをストックしておきましょう。

おすすめのプロテインスムージー

まとめ

プロテインダイエットにおいて下記が大事です。

  • カロリーの細かい計算
  • プロテインの好みの味を知る
  • プロテインを飲む習慣を続ける
  • 運動の習慣を追加する

プロテインで置き換えたら、甘いものやお酒を控えるようにして、健康的な食生活も続けましょう。

すると、体重が減った頃には引き締まった綺麗な体型が出来上がりますよ。

おすすめ記事

筋トレサプリメント 1

日本人メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手や、プレスラーYAMATOさん、ボクシング亀田兄弟、レイザーラモンHGさんなど筋トレをしている有名人には、サプリメントを積極的に飲んでいる人も少なくありませ ...

【コスパ・人気重視】HMBサプリおすすめランキング!効果・品質や口コミを比較 2

男性向けHMBサプリおすすめランキング【コスパ・人気重視】 筋トレといえば「プロテイン」というイメージがありましたが、最近ではHMB配合のサプリメントが注目を浴びていて、プロスポーツ選手などのアスリー ...

パーソナルジム・プライベートジムおすすめ比較ランキング 3

全国展開しているライザップ、24/7ワークアウト、エススリー、リボーンマイセルフ(旧シェイプス)の4社に体験潜入し(地域別では他社も体験)、実際にトレーナーさんからお話を聞き、ジム内部の見学をしてきま ...

筋トレ初心者はダンベルとフラットベンチを買うべき 4

筋トレを始めたばかりの人にとって、いきなりジムに通い始めるのはハードルが高いですよね。だからといって、筋トレグッズが全くない人が自宅でできるトレーニングは限られています。 ここでは自宅筋トレ歴4年の筆 ...

筋トレ初心者必見!レベルアップするために手に入れたい器具&グッズ10選 5

本サイトでは以前「筋トレ初心者必読!まず買うべき2つのグッズとおすすめの自宅筋トレメニュー10選」と題して、筋トレ初心者は1セットのダンベルとフラットベンチをまず買うべしと提案しました。 しかし残念な ...

ホームジムを作ろう!筋トレ器具・マシンの正しい選び方4つのポイント 6

筋トレをする人なら一度は夢見るホームジム。しかし自宅の環境にとびきり恵まれていない限り、「万人にとっての完全無欠のホームジム」を手に入れることはできません。 だからこそ会員制ジムやパーソナルジムが存在 ...

ホームジム 7

「ホームジムを作ろうと思って基本のフラットベンチとダンベルを買ったけれど、イマイチ筋トレが充実しない」そんな初心者ホームトレーニーは多いのではないでしょうか。 ここではホームトレーニング歴4年の筆者が ...

-女性のダイエット・筋トレ

Copyright© 筋活ガイド【筋トレ・ダイエット】 , 2018 All Rights Reserved.