おしゃれで安いメンズ用トレーニングウェアはアディダスが圧倒的におすすめ!

投稿日:

adidas
ジムで筋トレをするのであればまだしも、自宅で筋トレをするのにおしゃれなトレーニングウェアは必要ない。

そんなふうに思っていないでしょうか。

しかし、もし心底ファッションに興味のない人でない限り、自分が着ているトレーニングウェアをおしゃれだと思えるかどうかは、間接的に筋トレの質や筋肉の成長にも関わってきます。

ここではその根拠を示すとともに、数あるトレーニングウェアのブランドの中でも筆者がアディダスのウェアをおすすめする理由を解説します。

筋トレをするときもファッションは大事!

ファッションが人体にもたらす影響を科学的に調査

ファッション
おしゃれをすると気分が盛り上がったり、逆におしゃれでない服を着ると気分が盛り下がったりすることがある人ならば、筋トレ中でもファッションには気を遣うべきです。

その根拠の一つとなるのが、ファッション分野を中心とする学校法人文化学園の文化女子大学服装学部の学生が、九州大学芸術工学研究院や文化ファッション研究機構などと共同で作成した論文「ファッションの情動性が人間の心理生理に与える影響」です。

この論文の目的は、ファッションが人体にもたらす影響を科学的に把握しようというもので、実験においては好きな服と嫌いな服を着た時の心理・生理面での人体の変化などが調査されています。

その実験の結果わかったのは、「好みのファッション着用が、不安によるストレス減少、副交感神経活動の亢進、s—IgA濃度の上昇をもたらすこと」(引用:前掲論文「要旨」より)。

不安が減るということは自信が高まるということです。また副交感神経活動の亢進(こうしん)とは、簡単に言えばリラックスするということを示します。

粘膜免疫の主役であるs-IgAの濃度が上昇するということは、免疫能力が高まる、つまりは体が強くなるということです。

自分が好きだと思えるウェアを着ると筋トレの質が上がる

この実験の結果を筋トレにおけるトレーニングウェアに置き換えると、自分が好きだと思えるウェアを着ることで心理・生理面でのパフォーマンスが向上し、より質の高い筋トレにつながる可能性があると言えます。

筋トレの質が高まれば、筋肉の成長も促進されます。以上のことから、トレーニングウェア選びは筋トレの質と筋肉の成長に影響すると言えるのです。

ここで重要なのは「自分が好きだと思えるウェアを着ること」という部分です。

すなわち自分が好きだと思えるのであれば、流行りのデザインかどうか、芸能人が着ているデザインかどうかは関係ありません。ジムで「かっこいい」と言われるかどうかも無関係です。

押さえておくべきなのは、そのウェアを着た時に自分の気分が盛り上がるかどうかだけです。

したがってトレーニングウェアを通じて筋トレの質を上げたいのであれば、筋トレをする場所がジムか自宅に関係なく、確信を持って好きだと言えるトレーニングウェアを選ぶべきなのです。

アディダスのウェアがおしゃれ×安さでおすすめな理由

アディダス
しかしどんなに自分が好きだと思えると言っても、「トレーニングウェアのためならいくらでもお金を出す」という人は多くないはずです。

このことからトレーニングウェアを選ぶうえでは、おしゃれかどうか以外に安さも重要な要素になることがわかります。

またトレーニングウェアの場合は「ストレッチが効いている」とか「吸汗速乾機能に優れている」といった機能性も重要です。

以下ではこの「おしゃれさ」「安さ」「機能性」の3つをトレーニングウェア選びの基準として合計5ブランドを比較しながら、筆者がアディダスのトレーニングウェアを強くおすすめする理由を解説していきます。

おしゃれさでは最強!ナイキ

nike
トレーニングウェアのブランドとしては知らない人の方が少ないであろうナイキ。

「エアジョーダン」をはじめとするNBAプレイヤーとのコラボラインや、最新の研究をもとに開発された素材を使ったアイテムなど、おしゃれさだけでなく機能性においても高いパフォーマンスを誇ります。

しかしナイキのロゴが入っているだけのシンプルなウェアであれば手頃な価格で手に入るものの、おしゃれさと機能性を兼ね備えたウェアに関しては高価格帯のものが多く、しかもシーズンをまたいでもなかなかセールにならない傾向にあります。

そのためどうしても価格面では他のブランドに見劣りしてしまいます。

したがって「ここまでカッコいいなら多少高くても構わない」と思える人でない限り、ナイキのウェアはおすすめできません。

ナイキの特徴

  • おしゃれさと機能性が高い。
  • 定価が高く、セールにもなりにくい。

機能性抜群!アンダーアーマー

アンダーアーマー
アンダーアーマーといえば、肌にぴったりと張り付いて筋肉の動きをサポートしてくれるコンプレッションウェアが有名なブランドです。

もちろんコンプレッションウェア以外にも通常のトレーニングウェアも扱っていますが、それらはおしゃれさ・安さ・機能性、どれにおいても標準的です。

しかしコンプレッションウェアについては安いものでも機能性は非常に高く、高価なラインになるとおしゃれさも非常に高くなります。

実際、腰から足首までを覆うコンプレッションウェアを着てスクワットをすると膝や太ももの安定感が高まりますし、Tシャツタイプのコンプレッションウェアを着てベンチプレスをするときも安定感が増すように思います。

また吸汗速乾機能にも優れているため、夏場でも快適に筋トレに打ち込めます。

高価なラインになれば定価はそれなりに高くなりますが、シーズンをまたぐと半額近いセールになるため、安く購入することも十分可能です。

筆者は安価なラインのコンプレッションウェアと高価なラインのコンプレッションウェアを持っていますが、いずれもセールで購入できました。

ただし、コンプレッションウェアにおけるおしゃれさに関しては、自分の体型次第になるという問題があります。

筆者の場合、減量期で脂肪が落ちているときであれば、ぴっちりしたコンプレッションウェアも格好良く見えて気分も盛り上がります。

しかし増量期で脂肪が乗っているときだと、格好悪い自分のボディラインを強調するだけなので、コンプレッションウェアを着るとむしろ気分が盛り下がります。

おしゃれさにおける個人差・体型差が大きいという意味で、アンダーアーマーのウェアは少しリスクが高いと言えそうです。

アンダーアーマーの特徴

  • おしゃれさと機能性が高い。セールもある。
  • コンプレッションウェアの性質上、おしゃれさに個人差・体型差がある。

圧倒的な安さ!ユニクロ

uniqlo-logo
コストパフォーマンスの高さで定評のあるユニクロのトレーニングウェアですが、実際機能性は十分であり、安さに関しては圧倒的とさえ言えます。

しかしおしゃれかどうかという点においては、大いに問題を抱えています。

というのも前述した通り、トレーニングウェアを着ることで心理・生理面でのパフォーマンスをアップさせるためには「自分はこのウェアが好きだ」と言える必要があります。

これはあくまで「自分は、着ると気分が盛り上がるからこのウェアが好きだ」という意味です。「自分は、コスパが高いからこのウェアが好きだ」という意味ではないのです。

したがって、ユニクロのトレーニングウェアのデザインや機能性が心底気に入っているのであれば、ユニクロはベストの選択肢になり得ます。

しかし「気分が盛り上がるわけではないけど、安いから」などの理由でユニクロを選ぶのであれば、トレーニングウェアを着ることで得られる心理・生理面でのパフォーマンスの向上は期待できないでしょう。

ユニクロの特徴

  • コストパフォーマンスは非常に高い。
  • 着た際に気分が盛り上がらない可能性が高い。

男らしいカラーが魅力!CPFU

cpfu
CPFUはスウェットで有名なチャンピオンが数年前にスタートさせたトレーニングウェアのラインです。

トレーニングウェアはブラックやグレー以外になると、原色や蛍光色のカラーが多い傾向にありますが、CPFUのウェアはミリタリーカラーを基調としています。

また機能性にもこだわっており、突然の悪天候にも対応する撥水性を備えた生地や、ミリタリーアイテムに多く採用されている引き裂き強度の高いリップストップ生地、細かい格子状の表面によって吸水性と速乾性を実現した生地などが採用されています。

ラインを立ち上げた当初は高級路線のアイテムがメインでしたが、2018年の秋冬のラインナップを見ると価格的にも比較的手頃になっています。

このようにおしゃれさ、安さ、機能性の面でパフォーマンスの高いCPFUですが、唯一ネックになるのがデザインのバリエーションの少なさです。

そのため、そのシーズンのデザインが気に入れば問題ないものの、ツボに入らない場合は一気に選びにくくなるという欠点があります。

CPFUの特徴

  • おしゃれさ、安さ、機能性のバランスが良い。
  • デザインのバリエーションが少ない。

【結論】最も総合力が高いのがアディダス!

adidas
ここまで4ブランドを紹介してきましたが、それぞれの長所と短所を比較すると以下の表のようになります。

ブランド名 長所 短所
ナイキ おしゃれさと機能性が高い。 定価が高く、セールにもなりにくい。
アンダーアーマー おしゃれさと機能性が高い。セールもある。 コンプレッションウェアの性質上、おしゃれさに個人差・体型差がある。
ユニクロ コストパフォーマンスは非常に高い。 着た際に気分が盛り上がらない可能性が高い。
CPFU おしゃれさ、安さ、機能性のバランスが良い。 デザインのバリエーションが少ない。
アディダス おしゃれさ、安さ、機能性がとても優れている。 他のブランドの短所がない。

ナイキ・アンダーアーマー・ユニクロ・CPFUの短所を全て解消するのがアディダス

これらの各ブランドの短所全てを解消し、おしゃれさ、安さ、機能性を高い基準で満たしているのがアディダスのトレーニングウェアです。

アディダスはサッカーチームやラグビーチームとのコラボウェアのほか、ハイセンスなファッションブランドともコラボしています。

porsche_designwhitemountaineering
これまでコラボしてきたブランドは、高級車メーカーポルシェの子会社である「ポルシェデザイン」、アウトドアとファッションを高次元で融合させているファッションブランド「ホワイトマウンテニアリング」、素材やシルエットにこだわった独特のデザインが特徴のファッションブランド「kolor」など。

コラボウェアはどれも非常に高価ですが、おしゃれさにこだわる人にはこれ以上ないトレーニングウェアになるはずです。

デザインのバリエーションも豊富で、アディダスらしい3本のラインが入ったスポーティなデザインから、ミリタリー感のある男らしいデザイン、ファッションブランドとのコラボによって生まれたモード感の強いデザインまで多彩に取り揃えています。

アディダスはシーズンごとのセールを狙えばかなり安く購入可能

sale
また定価こそ高いものの、大半のアイテムが毎シーズンの終わりに大幅なセールを行うため、セールまで残ってさえいれば安く手に入れることが可能です。

歴史あるドイツのブランドだけあり、機能性への追求もぬかりありません。

特に高価なラインになると、吸汗速乾機能などの実用面だけでなく、肌に当たる部分に柔らかい生地を使うなどして着心地の面での機能にも力を入れています。

以上のことから、少なくともここで紹介した5ブランドの中では、アディダスが最も総合力が高く、おすすめできるトレーニングウェアのブランドだと言うことができるのです。

なお、現在アディダスのメンズウェアでセールになっている商品のリストはこちら。今シーズンもおしゃれさ、安さ、機能性の三拍子揃ったウェアが、大幅に値引きされています。

おしゃれなウェアでテンションもダンベルもあげよう

「おしゃれなトレーニングウェアを気分が盛り上がる」というのは、科学的に証明された現象です。

気分が盛り上がった状態で筋トレをするのと、盛り下がった状態で筋トレをするのと、どちらがより質の高い筋トレになるのかと言えば、当然気分が盛り上がった状態です。

アディダスのトレーニングウェアは、おしゃれさ・安さ・機能性という3つの点で総合力が高いため、筋トレの気分をきっと盛り上げてくれるはず。

興味のある方はぜひ一度公式通販サイトなどを覗いてみてはいかがでしょうか。

\アウトレットセール開催中!/
  • この記事を書いた人
直人鈴木

鈴木 直人

筋トレ歴4年のホームトレーニー。本業はライター。新しいサプリを試すときは、まずスポーツ栄養学の専門書から入るタイプです。実際に試したトレーニングや器具の効果、食事からサプリやプロテインについて、科学的根拠をもとに初心者にも分かりやすく解説します。

おすすめ記事

筋トレサプリメント 1

日本人メジャーリーガーなどのプロスポーツ選手や、プレスラーYAMATOさん、ボクシング亀田兄弟、レイザーラモンHGさんなど筋トレをしている有名人には、サプリメントを積極的に飲んでいる人も少なくありませ ...

【コスパ・人気重視】HMBサプリおすすめランキング!効果・品質や口コミを比較 2

男性向けHMBサプリおすすめランキング【コスパ・人気重視】 筋トレといえば「プロテイン」というイメージがありましたが、最近ではHMB配合のサプリメントが注目を浴びていて、プロスポーツ選手などのアスリー ...

パーソナルジム・プライベートジムおすすめ比較ランキング 3

全国展開しているライザップ、24/7ワークアウト、エススリー、リボーンマイセルフ(旧シェイプス)の4社に体験潜入し(地域別では他社も体験)、実際にトレーナーさんからお話を聞き、ジム内部の見学をしてきま ...

筋トレ初心者はダンベルとフラットベンチを買うべき 4

筋トレを始めたばかりの人にとって、いきなりジムに通い始めるのはハードルが高いですよね。だからといって、筋トレグッズが全くない人が自宅でできるトレーニングは限られています。 ここでは自宅筋トレ歴4年の筆 ...

筋トレ初心者必見!レベルアップするために手に入れたい器具&グッズ10選 5

本サイトでは以前「筋トレ初心者必読!まず買うべき2つのグッズとおすすめの自宅筋トレメニュー10選」と題して、筋トレ初心者は1セットのダンベルとフラットベンチをまず買うべしと提案しました。 しかし残念な ...

ホームジムを作ろう!筋トレ器具・マシンの正しい選び方4つのポイント 6

筋トレをする人なら一度は夢見るホームジム。しかし自宅の環境にとびきり恵まれていない限り、「万人にとっての完全無欠のホームジム」を手に入れることはできません。 だからこそ会員制ジムやパーソナルジムが存在 ...

ホームジム 7

「ホームジムを作ろうと思って基本のフラットベンチとダンベルを買ったけれど、イマイチ筋トレが充実しない」そんな初心者ホームトレーニーは多いのではないでしょうか。 ここではホームトレーニング歴4年の筆者が ...

-筋トレ・ダイエットの知識

Copyright© 筋活ガイド【筋トレ・ダイエット】 , 2018 All Rights Reserved.